傾聴とは相手の話に耳を傾けることを言います。
では、相手に話してもらいやすい傾聴とはどのようなものがあると思いますか。

例えば復唱をする、質問をする、同調するなどがあります。
これは私たちにとってお客様の情報を聞き出すために必要な事です。
では、なぜ傾聴をしないといけないのか。
それはお客様の話の内容、用件をしっかり理解し状況を把握する為です。
ただ電話を受けて報告するのではなく相手の立場に立ちながら
会話を聞くことによって電話の応対中に相手との信頼関係を
良くすることができます。
受電する短い時間ですがお客様の会社の窓口として
真摯に対応できるように努めてまいります。