前回の問題の解答です。
『本人の同意』とは、本人の個人情報が、個人情報取扱事業者によって示された取扱方法で取り扱われることを承諾する旨の当該本人の意思表示をいう(当該本人であることを確認できていることが前提。)。また『本人の同意を得る』とは、本人の承諾する旨の意思表示を当該個人情報取扱事業者が認識することをいい、事業の性質及び個人情報の取扱状況に応じ、本人が同意に係る判断を行うために必要と考えられる合理的かつ適切な方法によらなければならない。
【個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン】
しかし、2.は本人に正しくメールが届いているか、それを認識しているか、また、本人からの積極的な意思が確認できていないので、適切とはいえない。
従って、2が正解です。