暗いニュースが続いていますね。
皆様も、体調管理にはお気をつけて、お過ごしくださいませ。

最近では、「テレワーク」・「リモートワーク」・「在宅ワーク」という言葉が、当たり前になってきました。
今後、この事態が終息しても、仕事の在り方に大きく影響するかもしれません。

お電話を受けていると、お電話口の方が「今、テレワーク中なので、折返しは会社ではなく携帯にお願いします。」と仰る方もいらっしゃいます。
また、会社へのお電話が携帯に転送されるように設定されていると仰る方もいらっしゃいました。

会社や事務所がテレワークで電話が取れなくなったり、全ての電話がご自身の携帯に転送されて、全てのお電話を取ることが難しかったり、また、会社宛の営業のお電話も取っていては、お仕事の手も止まってしまいます。
ご不便を感じていらっしゃる方も多いかと思います。

CUBE電話代行サービスでは、不在対応し、お電話が終わり次第、すぐに内容をメールやお電話で報告させていただく方法と、応答後転送という、内線感覚でお電話をお繋ぎする方法があります。

中には、わざわざお電話をお繋ぎせずに伝言だけでいい内容や、外出している旨をお伝えすると、「では、メールを送るので、ご確認いただけるようお伝えください。」と仰る方もいらっしゃいます。

契約者様は、お電話で直接話すべき内容なのか、営業のお電話なのか等、内容によって選別が出来ます。

もちろん、営業のお電話はお繋ぎいたしません。
判断に迷った場合は、ご報告させていただくこともございますが、営業だと仰っていただければ、コールカウントから除外し、その後はご報告もいたしません。

また、応答後転送の際も、「今、外出中だと伝えてください。」等とご指示いただければ、またお電話口の方に戻って、ご指示の内容をお伝えすることが可能です。

お電話の内容の選別が出来るので、在宅ワークで電話の対応に苦労されている、お仕事を効率UPさせたい法人様、また、法律事務所様や司法書士事務所様も、この機会に電話代行に興味を持っていただけましたら、幸いです。

CUBE電話代行サービスでは、スポット契約も可能です。資料請求も承っています。
また、直接お問合せいただければ、実際にお電話を受けているスタッフが対応いたしますので、お気軽にお問合せくださいませ。