電話応対は始めの第一声が大事と言いますが、切る時もとても重要です。
何気ない動作ですがお電話を切る際、勢いよくガチャンと電話を切られると正直なところ気分はあまりよくありません。
弊社ではお客様が電話を切るのを確認してからお電話をお切りします。
以前ビジネスマナー研修を受講した際、電話はかけた側から先に切る。受話器を置く前にフックを押して電話を切ってから受話器をおろすと聞きました。
言葉遣いも大事ですが、行動も大事です。
先方の方もお電話をお切りにならないようであれば、「どうぞお先にお切りください。」もしくは「お先に失礼致します。」と一言添えてからお電話をお切りいたします。
言葉遣いや行動は日頃から気を付けなければ、いざというときに出来ません。
いつどこで自分を評価されているか分かりません。前職場の上司に言われた言葉です。「誰も見ていないようで誰か必ず見ている。いつでも見られている意識も持ちなさい。」
仕事中のみならず、普段のプライベートから私自身も気をつけたいと思います。