皆様、こんにちは。今年に入ってもう半年が過ぎ、すでに蒸し暑い日が増えてきましたね。今年の夏は例年と異なり、マスク着用で過ごされる方が多いのではないでしょうか。マスクをつけて過ごすことで体内に熱がこもりやすくなり熱中症になるリスクが高くなる、と記事で読みました。脱水症状にならない為にも、今年はより一層こまめな水分補給を意識しようと思います。今回は、英語で伝える気遣いのフレーズをご紹介したいと思います。

●気遣いのフレーズ
・Please take care of yourself. (お身体お気を付けください)
・Please take good care of your health. (しっかりと体調管理をしてくださいね)
・Take it easy./Please do not push yourself harder. (ご無理はなさらないでください)

“Take care of~”で「~に気を付けて」になります。ここに、“good”を付け加えることで「ちゃんと/しっかり」と、文章をより強調することが出来ます。また“take care“以外で、私が使用するのはlook afterです。“look after yourself” で、「お気を付けください/お大事に」というニュアンスになります。お気を付けくださいと似たフレーズで、“Take it easy”もよく使われます。こちらは「無理をしないで/お大事に」という訳になります。特に今は世界中で体調管理に対して敏感になっている時期なので、気遣えるフレーズを使う場面がいつもより多く感じました。また、気遣いのフレーズに対する返しのフレーズも一緒にご紹介します。

●気遣いに対する返事
・Thank you for your kindness. (お気遣いありがとうございます)
・Thank you, same to you. (ありがとうございます、どうぞあなたもお気を付けください)
・(Thank you.)That’s very kind of you. (ご親切にどうも)

返しのフレーズでよく使うのが、お礼を伝える“Thank you.“ です。ここに、“your kindness”を付け加えると「お気遣いありがとうございます」になります。この他に、【お礼+same to you】のフレーズもあります。“same to you”は“You, too”と同じく「あなたもね」という意味になり、“Thank you, same to you.”でお礼と相手を気遣うことが同時にできます。これ以外にも相手の思いやりに感謝を伝える“That’s very kind of you.”などもございます。
お電話という短時間の関わりではありますが互いを気遣う気持ちは忘れず、また感謝の気持ちもきちんと伝えていけるよう日々励んでまいります。今度ともCUBE電話代行サービスをよろしくお願いいたします。