こんにちは!入社半年、電話応対修行中社員です。最近では「ありがとう」と言っていただけたり、クレームだったり、様々なお電話をお取りしています。業務に慣れてきたこともあり、自分の応対を振り返ると、笑顔が少なくなっているような気がしました。そこで、デスクに鏡を置いてみることにしました。最初はそわそわしましたが、だんだん「デスク×鏡」の相性に気づき始めました。自分の感想と調べてわかったことを4つお伝えします。

【デスクに鏡を置くメリット】
①笑顔が増えて、自然と声のトーンが上がる(ので電話応対にもってこい!)
②風水的によい!「イヤな“気”をはね返してくれる」
③眉間のしわチェックでアンチエイジング!
④メンタリストDaiGoもおすすめ!「集中力が高まります」

まず、①は電話応対のプロである私たちこそ意識すべき点ですね。1日100本程のお電話をお取りしているとだんだん笑顔が減っていきます。それは疲労によって気づかないうちに起こるので、何もなしに自覚するのは難しいと感じます。
笑顔が減ってきたな、と思ったら鏡に向かってニコっとするだけでも効果あり。「笑声(えごえ)」(笑顔の声)で応対するように、と教えられますが、笑声のコツは言うまでもなく笑顔になることだと思いますので、声のトーンが自然と上がるならデスクに鏡は試してみる価値があると思います。

②は、調べてみてわかった風水のお話。「嫌な人からの自分に対する攻撃的な気を、鏡がはね返してくれます」というものです。私は嫌な人というのは職場にいないですが、自分の体調が悪い時などに自分から邪気が出ていそうなので、鏡に「はね返して~(;_;)!」とお願いしようと思います(笑)

③は、女性にとっては大切なことですよね。仕事は1日8時間するわけですから、その間中ずっと眉間にしわが寄っていては、無意識のうちにしわが定着してしまう恐れが。電話応対中はクレームのお電話をお取りした際にお客様のお気持ちに寄り添って、表情をゆがませる場面はあるかと思いますが、それ以外は口角を少し上げた穏やかな表情で仕事に取り組みたいものです。

④は、メンタリストのDaiGoが発信していたことをまとめてご紹介します。デスクに鏡を置くと、自己認識能力が高まるため心理学的にもよいと言われています。自己認識能力とは「こういうことはやるべき」とか「こういうことはやっちゃいけない」などという強く自分をコントロールする力のことです。「笑顔でいる方がよい」と思ったら、鏡を見て自分を冷静に見ることができるため、集中力が上がります。ちなみに同じ理由で、お子様の勉強机にも鏡を置くとよいそうです。

以上の効果があるので、「デスク×鏡」はおすすめです。
ただ少し恥ずかしい気もするので、自分の顔がギリギリ入るくらいの小さい鏡を購入しようと思います。具体的には「30分に1回、一瞬見る」というところから始めようと思います。あなたのオフィスでも、ぜひ取り組んでみてください!