入社してすぐの頃は営業電話と用件のあるお電話の違いが分からず、どのお電話にも丁寧に時間をかけて対応していました。
周りの同僚や先輩方は「営業電話は早く切って用件のある電話に出て欲しい!」と思っていたかもしれませんが、温かく見守って頂けて本当に感謝しています。

初期の頃に営業電話の内容やパターンを詳しく知れたおかげで、どんな営業電話があるのかよく知ることができました。
人材紹介、電話回線やインターネット料金削減、複合機の件でのお電話は営業であることが多いように感じています。
また、職種によるのですが、お仕事の案件紹介や、不動産の物件を売って下さいと言うお電話も営業であることが多いです。
ご用件をお伺いした際に「ご挨拶です」や「ご紹介でお電話しました」とおっしゃった場合はこちらでもすぐわかりますが、すぐに営業と分からないように用件をお話しされる場合も多々あります。
「ご掲載中の人材募集の件で」と言われるとその会社にお願いしている件なのか、他の媒体、もしくはハローワークなどに出している求人の件なのか判断がつきませんので確認が必要となります。
その場で確認が取れればいいのですが、ご用件の詳細をお聞きしようとすると『直接担当の方にお話ししますので改めます。』と言ってすぐにお電話を切ってしまう場合は(恐らく営業なのですが、汗)いつまでも確認が取れないので本当に困ります。

ご用件をおっしゃって頂けないと、お断りしようにも『ご担当者様に内容は伝えて頂きましたか。』『まだ詳細はお伝えしたことが無いのにどうして不要と分かるのでしょうか。』などとおっしゃられて、対応が難しくなってしまいます。
あまりはっきりとお断りするのも、かえって対応が長くなってしまうので良くないのかもしれません。
 
近頃はとてもありがたいことに弊社CUBE電話代行サービスをお申込みいただくお客様が増え、一日に取るお電話の本数も多くなってきましたので、営業のお電話の対応に割く時間がもったいないと感じています。
ご用件のあるお客様のお電話にすぐに出るためと丁寧に対応するためには、営業の件であればすぐに電話を切ることが必要だと思うようになりました。
「担当者は外出中で、戻り時間は未定です。お電話があった旨をお伝えいたします。」と対応すれば、かなりスムーズにお電話を切ることが出来る上、強い印象にならずソフトに対応できます。
今後もクライアントのお電話の印象を良くしつつ、不要なお電話はなるべくシャットアウト出来るよう、バランスを取って対応してまいります。

また、「取引ある企業は携帯に電話してくる。固定番号にかけてくるのは営業がほとんど。その電話を代わりに受けて欲しい。」と弊社の電話代行のお申込み頂ける方も多数いらっしゃいます。

もし、営業電話にお困りでいらっしゃいましたら電話代行のご活用もご検討頂ければ幸いでございます。