ポジティブ・リスニングとは、肯定的な聞き方のことです。
相づちを効果的に使うことによって、
相手に「話を聞いていますよ」とアピールして、安心感を与える話の聞き方です。
この聞き方の特徴は、どのような話であっても、
まずは一度すべて受け入れる、という特徴があります。
相づちを効果的に使い分けることで、相手が話しやすい雰囲気を作り、
なおかつ相手に「話を聞いていますよ」をという
前向きな態度をアピールすることができます。
それに加え、「相手の話を”興味を持って”聞いていますよ」といった
メッセージも伝わるので、相手がより気持ちよくたくさん話をしてくれるようになります。
ワンランク上の電話応対・コミュニケーションがとれるようになるためには、
相づちを効果的に使い分けることが必須とのことです。
なかなか難しいですが、ぜひ習得していくべく精進したいと思います。