【 CUBEの電話代行ご利用方法のご紹介① 】

<< 工事業者様のケース~その①~ >>

電話代行とは、
お客様の変わりに電話応対をさせていただくサービスです。
弊社をご利用されているお客様は様々な業種の方がいらっしゃり、
中には、外壁工事やエクステリアやリフォームなど、工事業を運営されている方も多くいらっしゃいます。

少人数で経営されていて電話に出る手がない場合や、現場に出ていて事務所不在となることが多い場合など、
弊社の電話代行サービスをご利用いただいております。

お電話があった際の応対方法は、“外出応対”と“応答後転送”のどちらかよりお選びいただき、
お客様のご要望に沿ってご対応させていただいています。

外出応対や転送不可だった場合、
「ただ今、外出しております…」と基本的にはご対応させていただいています。
ご要望がいただければ、「ただ今現場に出ております…」など
場面にあった応対方法にてご対応させていただくことも可能となっております。

その他、ご希望の対応フレーズがございましたら、
ご要望いただければそのフレーズにて対応させていただきます。
お客様のスタイルに合わせて電話代行させていただいていますので、
お気軽にお問合せ下さい。

【 CUBEの電話代行ご利用方法のご紹介② 】

<< 工事業者様のケース~その②~ >>

弊社をご利用されているお客様は様々な業種の方がいらっしゃり、
中には、外壁工事やエクステリアやリフォームなど、工事業を運営されている方も多くいらっしゃいます。

工事業を運営されているお客様の元へかかってくるお電話は、
工事依頼を検討されている方からの問い合わせがよくあります。

工事依頼のお電話があった場合、各項目をお伺いした後に、
担当者からの折り返し対応とさせていただいております。

基本的な聞き取り内容として、
・会社名/名前
・電話番号
・用件(依頼内容)
をお伺いさせていただいています。

その他にも、
・お住まい(何県何市か)
・何で知ったのか(媒体など)
などご要望いただき、
共にお伺いさせていただいている会社様もございます。

通常は、折り返しのご対応とさせていただくのですが、
お住まいを聞いた際に、お伺いする場所(ご自宅)によって、可能な範囲とそうでない範囲があるかと思います。

予め対応可能な範囲をお伝えいただいた上でご指示いただくことで、
ご対応出来かねる範囲だった場合、弊社にてその旨をお伝えすることも可能です。
例:○○地区のみ対応。○○市・○○市…のみ対応可能。など

こうすることで、お客様にとっても依頼者様にとっても、
よりスムーズに事を進めることが出来るかと思います。
お客様のスタイルに合わせて電話代行させていただいていますので、
お気軽にお問合せ下さい。

【 CUBEの電話代行ご利用方法のご紹介③ 】

<< 工事業者様のケース~その③~ >>

弊社をご利用されているお客様は様々な業種の方がいらっしゃり、
中には、外壁工事やエクステリアやリフォームなど、工事業を運営されている方も多くいらっしゃいます。

工事業を運営されているお客様の元へかかってくるお電話は、
前回お話した工事依頼に次いで、見積りをして欲しいといった問い合わせ電話があります。

基本的な聞き取り内容として、
・会社名/名前
・電話番号
・用件(依頼内容)
をお伺いし、折り返し対応とさせていただいております。

上記は基本的な聞き取り内容となりますので、
「○○○を聞き取っておいて欲しい!」などご依頼いただけましたら、
その内容を聞き取らせていただくことも可能となっております。
会社様によって、必要事項も様々あるかと思います。

ご希望の必要事項を予めお伝えいただき、その内容をこちらにてお伺いさせていただくことで、
折り返しの際にスムーズにご対応していただくことが出来るかと思います。
お客様のスタイルに合わせて電話代行させていただいていますので、
お気軽にお問合せ下さい。

【 CUBEの電話代行ご利用方法のご紹介④ 】

<< 工事業者様のケース~その④~ >>

弊社をご利用されているお客様は様々な業種の方がいらっしゃり、
中には、外壁工事やエクステリアやリフォームなど、工事業を運営されている方も多くいらっしゃいます。

今まで、外出応対の折返し対応の場合を例にお話させていただきましたが、
応答後転送をご希望されるお客様もいらっしゃいます。

その場合も同様に、
・会社名/名前
・用件(依頼内容)
をお伺いし、その後にコールさせていただいています。

「○○様より、○○○の依頼にてお電話が入っております。
 お繋ぎしてもよろしいでしょうか。」
と確認を取った上で、転送させていただいています。

ホームページやご契約時にいただいた資料を参考に、
どのような依頼内容を取り扱われているかを、
ある程度予め確認・把握させていただいており、
多くのお客様からは、
『○○○工事・△△△工事・…などを行なっています。』
といった形で、よくある代表例などを事前にお伝えいただいている為、
普段聞き慣れない用語や難しい単語などでも、スムーズに聞き取ることができ、
素早く対応し、お客様へ転送コールさせていただきます。

『依頼者様からの電話⇒弊社での受電⇒お客様へ転送』
といった一連の流れをスムーズに、かつ的確に行なうことで、
依頼者様からの信頼感、仕事の効率化にも繋がるかと思います。

また、応答後転送をさせていただいた際に、
お電話に出られない場合や、今運転中(電車の中)なので後で折り返しますといった場合があります。
その際は、外出応対と同じ応対方法にて対応させていただき、
メールまたは電話にてご連絡させていただきます。

お客様のスタイルに合わせて電話代行させていただいていますので、
お気軽にお問合せ下さいませ。

【 CUBEの電話代行ご利用方法のご紹介⑤ 】

<< 工事業者様のケース~その⑤~ >>

弊社をご利用いただいているお客様は様々な業種の方がいらっしゃり、
中には、外壁工事やエクステリア・リフォームなど、工事業を運営されている方も多くいらっしゃいます。

会社様の中には、全員総出で現場に出られている場合などもあるかと思います。
そういった場合に弊社をご利用いただき、
応対方法としては外出応対(折返し対応)をご利用いただいています。

その中で、工事業を運営されている会社様の場合、
以前例にも挙げさせていただいた通り、工事依頼や見積依頼などといったお電話が多くございます。

こういったお電話をお取りした際に
「いつ頃、折返しがありますか?」といった質問をされ、返答が必要となる場面がよくあります。

通常であれば、弊社からの連絡(メール)を確認し次第ご連絡していただける為、
ある一定の時間までには折返しいただき、お電話いただいたお客様とやり取りをして下さっている状況となるのですが、
工事業の会社様など、直接現場に出て作業をされていることがある方の場合、
作業中の為、長時間連絡を確認することが出来ない状況におかれることがあるかと思います。

そういった場合の為に、
予め折返しが可能となる時間の目安を伝えて下さっている方もいらっしゃいます。
・○時以降の折返しになる。
・夕方以降の折返しになる。
など目安時間をお伝えいただけましたら、工事依頼や見積依頼があった際に、
折り返しにお時間をいただく場合がある旨を事前にご説明させていただく事も可能でございます。

こうすることによって、依頼者様も安心することができ、
「まだ電話がかかってきません。」などといったトラブルを未然に防ぐことが出来ます。
お客様のスタイルに合わせて電話代行させていただいておりますので、
お気軽にお問合せ下さいませ。

【 CUBEの電話代行ご利用方法のご紹介⑥ 】

<< 仮設工事会社様のケース~その①~ >>

弊社では、さまざまな業種の方々にお電話代行サービスをご利用いただいております。
会員様の中には、工事関連の会社の方も多く、足場などを設置する仮設工事会社様もいらっしゃいます。
お電話代行サービスのご契約時に、基本的な応対方法のご指示下記2通りからお選び頂きます。

①応答後転送(通話料が実費で発生いたします)
内線感覚にてご指定頂いたお電話番号にお電話をお繋ぎさせて頂きますと、掛けてこられたお客様と直接お話し頂けます。

②外出応対
受電内容をメール連絡、もしくはお電話連絡のどちらかご指定頂いた方法にてご報告させて頂きます。

基本的には②の外出応対希望ですが、〇〇様や〇〇株式会社様からのお電話は転送して下さい。
また、本日〇時頃に掛けてこられる〇〇様のみ転送して下さい。
至急の場合のみ転送して下さいなどと、予めご指定頂いた方のお電話のみ①の応答後転送という形で内線感覚にてお繋ぎさせて頂き、 掛けてこられたお客様と直接お話して頂く事も可能でございます。

上記のように事前にご指示を頂ければ応対方法をどちらかに固定しないといけないという訳ではなく、組み合わせてご利用頂く事も可能です。
追加オプション料金などはいただかずに対応させていただいております。
(応答後転送の場合、通話料が実費で発生いたします)

【 CUBEの電話代行ご利用方法のご紹介⑦ 】

<< 仮設工事会社様のケース~その②~ >>

弊社では、さまざまな業種の方々にお電話代行サービスをご利用いただいております。
会員様の中には、工事関連の会社の方も多く、足場などを設置する仮設工事会社様もいらっしゃいます。
お電話代行サービスのご契約時に、基本的な応対方法のご指示下記2通りからお選び頂きます。

①応答後転送(通話料が実費で発生いたします)
内線感覚にてご指定頂いたお電話番号にお電話をお繋ぎさせて頂きますと、掛けてこられたお客様と直接お話し頂けます。

②外出応対
受電内容をメール連絡、もしくはお電話連絡のどちらかご指定頂いた方法にてご報告させて頂きます。

基本的には①の応答後転送希望ですが、○時~○時までは、お客様と打ち合わせ中の為、転送しないでください。
指示した打ち合わせ中の時間でも○○様からのお電話のみ転送して下さい。
など、詳しいご指示を事前に頂けましたら、対応させて頂きます。
また、本日〇時頃に掛けてこられる〇〇様のみ転送して下さい等と、予めご指定頂いた方のお電話のみを応答後転送という形で内線感覚にてお繋ぎさせて頂き、 掛けてこられたお客様と直接お話し頂く事も可能でございます。

このようなご指示を事前に頂ければ、追加料金などはいただかずに対応させていただいております。(応答後転送の場合、通話料が実費で発生いたします)

【 CUBEの電話代行ご利用方法のご紹介⑧ 】

<< 仮設工事会社様のケース~その③~ >>

弊社では、さまざまな業種の方々にお電話代行サービスをご利用いただいております。
会員様の中には、工事関連の会社の方も多く、足場などを設置する仮設工事会社様もいらっしゃいます。

お電話をお取りした際、通常は社名・氏名(名字)をお伺いし報告させて頂きます。
しかし、仮設工事会社様宛のお電話には個人事業主の方もいらっしゃるかと思います。

同じ名字の方も多くいらっしゃる為、名字だけでは個人を特定できないケースがございます。
田中様や鈴木様、佐藤様等、 非常に多い名字の方ですと、どちらの田中様からお電話頂いたのか判断できず、ご用件を再度伺うなどお客様にご迷惑をお掛けしてしまう可能性や、別の田中様へ連絡してしまい、かけて来られた田中様からは「ご連絡頂けない」等とクレームになり、会員様の信頼問題にも成り得てしまうことがあります。
その為、ご指示をいただければフルネームでお名前をお伺いすることも可能でございます。

但し、親しげな方など下の名をお伺いする事が難しい場合や、「ご存知ですので結構です」、「苗字しかお伝えしていないので結構です」等とお伝えいただけないケースがございますが、出来うる限り対応させて頂きます。このようなご指示を事前に頂ければ、追加オプション料金などはいただかずに対応させていただいております。

【 CUBEの電話代行ご利用方法のご紹介⑨ 】

<< 仮設工事会社様のケース~その④~ >>

弊社では、さまざまな業種の方々にお電話代行サービスをご利用いただいております。
会員様の中には、工事関連の会社の方も多く、足場などを設置する仮設工事会社様もいらっしゃいます。
お電話代行サービスのご契約時に、基本的な応対方法のご指示下記2通りからお選び頂きます。

①応答後転送(通話料が実費で発生いたします)
内線感覚にてご指定頂いたお電話番号にお電話をお繋ぎさせて頂きますと、掛けてこられたお客様と直接お話し頂けます。

②外出応対
受電内容をメール連絡、もしくはお電話連絡のどちらかご指定頂いた方法にてご報告させて頂きます。

ご契約時に②の外出応対をお選びいただき、折返しお電話させて頂くよう応対させて頂いた際、 「携帯にお電話します」、「こちらから改めるので結構です」とおっしゃられる場合がございます。
お伺いした内容をそのままお伝えいたしますが、事前にご指示を頂ければ改めて頂ける方にもお電話番号をお伺いさせて頂くことも可能でございます。

但し、親しげな方や、「直接お電話しますので、結構です」、「ご存知ですので結構です」、「名刺に記載しておりますのでご存知です」等とお伝えいただけないケースがございますが、 「出先からのご連絡になるかと存じますので、念のため、お電話番号をお教え頂いても宜しいでしょうか?」 と、確認はさせて頂く事も可能でございます。
このようなご指示を事前に頂ければ、追加オプション料金などはいただかずに対応させていただいております。

【 専用電話番号・フリーダイヤルのレンタルについて 】

弊社では専用電話番号、フリーダイヤルのレンタルも可能でございます。
専用電話番号、フリーダイヤルを取得されると、
御社のHP、名刺に電話番号を記載する事が出来ます。
お客様や、取引様に信頼感を得られるかと思います。

また、フリーダイヤルは、
ネットショップを運営されている方から大変喜ばれることが多いです。

お客様のことを第一に考えられている方でしたら、
少しでもお客様に負担がないように、一度は検討された方も多いと思います。

通常の電話代行と違って、専用電話番号、フリーダイヤル番号を取得される場合は、
運転免許証のコピーなど、身分証明証をご提出いただき、審査がございます。
審査に約1週間程お時間を頂いています。

無料でお見積りをさせていただきますので、お気軽にお問合せくださいませ。

【 営業電話 】

たくさんお電話を取っていると、営業のお電話を取る事も多いです。
最近は、第一声でなんとなく営業だと分かるようになりました。
でも、ハズレる時もあるので、注意が必要です。

営業電話も連絡して欲しいという会社様もいらっしゃいますので、
その場合は、メール等でご連絡をしています。
ほとんどの会社様が営業は連絡不要との事なので、
なるべく早くお電話を終わらせるように日々戦っています。

相手によっては、なかなかお電話を切って頂けない時もあります。
とりあえず、何も分りませんと貫きます。
営業のお電話にお困りでしたら、是非CUBEにお任せ下さいませ。