CUBE電話代行サービススタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます。
なんとか、2021年を無事、迎えました。

皆様にとっても、私個人にとっても、激動の1年だったように思います。

今年の6月に、CUBE電話代行サービス/株式会社大阪エルシーセンターに入社し、経験した事のない「電話代行」というお仕事が始まりました。

入社前に思っていたよりも、ずっとずっと難しく、そして、奥が深いお仕事でした。
伝え方1つとっても、どんなトーンで、どんな言い回しで伝えれば、より良く伝わるのか、そもそも、このお客様が欲しい情報は何なのか等、電話を取り始めてすぐは、慣れていないのもあり、とっさに判断するなんて、不可能なんじゃないかと思っていました。

今でも難しいですが、なんとか頑張っています。

電話代行といえど、その会社様の事業内容の事前知識がないと、お客様が何をおっしゃっているか分からない、なんて事にもなりかねません。
その為、各会社様の勉強をして、少し知識が増えたように思います。

また、各会社様により、ご指示いただいている内容が様々あり、瞬時に判断することの難しさがあります。
会社様の今日の予定を確認して、それによって、お客様へのご案内が変わってきます。

例えば、普段は「外出対応」のご契約者様から、「〇〇さんから電話がかかってきたら、『応答後転送』をお願いします。」というような指示も多数あります。

1件1件を丁寧に、しかし、スピーディーに判断と動作をする必要があります。
これは、ほんの一例ですが、他にも様々な対応方法があり、臨機応変にこなす必要があります。

まだまだ、ひよっこで、慣れない事が多々あり、先輩にフォローしていただく日々ですが、お客様に気持ちよくお電話を切っていただけた時には、達成感を感じました。

今年も、着実に前に進んでいきたいと思います。
今後とも、CUBE電話代行サービスをよろしくお願いいたします。