『電話代行』とは、なんでしょうか。
私は、このお仕事をするまで、『電話代行』という仕事の業務内容を詳しく知りませんでした。

以前、テレビで『退職代行』という仕事があるのを見て、代行業務というお仕事が、多種多様にあることを知りました。

『退職代行』は発信代行となり、クライアントが伝えて欲しい内容(退職したいこと)を、代行会社から代わりに電話をし、伝えるというものです。

CUBE電話代行サービスは、『受電』の代行です。
法人の皆様の代表番号に掛かってきた電話を、皆様の代わりにお取りして、クライアント様のご指示通りの応対をし、お客様とクライアント様の橋渡しをするお仕事です。

どのようにして電話を取っているのかと申しますと、皆様の代表番号から【転送機能】という電話回線のシステムを使い、CUBE電話代行サービスへと繋がるよう、ご自身で設定をしていただきます。

こちらの設定方法は、電話回線の契約会社様によって操作方法が異なりますので、ご利用中の電話会社様へお問合せいただき、【転送機能(NTT様ですと『ボイスワープ』)】などのサービスを設定していただきます。

また、【転送機能】には、3つの種類があります。
①無応答時転送
一旦、自社にてお電話が鳴り、出ない場合にCUBEへ転送されます。
こちらは、何コールで転送されるかという設定も出来るようです。
すぐにお電話に出られる状況の際、ご自身で出たい場合や、折返しなどで電話が鳴ると分かっている場合に有効的かと思います。

②無条件転送
こちらが、CUBEで一番ご利用されている転送方法です。
自社では着信音が鳴らず、そのままCUBEへ転送されます。
お電話が鳴らない状態なので、他の業務に集中していただくことが出来るかと思います。

③話中時転送
お電話を掛けた時に、話中で、他の電話に出られない場合にCUBEへ転送されます。
基本的には、ご自身でお電話を取って対応したいけど、お電話が多くて、取りこぼれてしまう場合などに、ご利用いただくのがおすすめでございます。

こちらの【転送機能】は、一つ一つ別の契約では無く、転送機能を申込みすれば、全てお使いいただける内容のようです。
設定の手間はかかりますが、状況に応じて、使い分けていただくことも可能かと思います。

また、どちらの転送機能を利用されていても、CUBE電話代行サービスへ転送された電話は、全て弊社にて受電いたしますので、弊社との契約内容が変わることはございません。

【転送機能】は、個人の方でも、法人の方でも、どなた様でも、申込みをすれば、皆様がご利用いただけますし、他にも、たくさんの便利な機能があるようです。

CUBE電話代行サービスのご利用には、【転送機能】の設定が必須項目でございます。
既に固定電話に掛かってくる電話を、ご自身の携帯電話に転送してご利用中であれば、そのまま転送先をCUBE電話代行サービスに変更するだけでご利用可能です。
ぜひ、ご検討いただけますよう、よろしくお願い致します。