皆さま、こんにちは。
電話代行のお仕事についてから、もうすぐ初めての春がやってきます。
毎年、春になると悩ましいのが花粉症。
電話を取り、電話先の方とスムーズに話す事が重要なこの仕事にとって、花粉症の症状はなかなか厳しいものになります。
皆さまご存じの通り、花粉症とは、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみが続く症状です。
中でも最もよく知られるスギ花粉症の場合、1年のうち1か月~長い人では3か月余り、花粉症の症状に悩まされることになります。
春まで待たずともすでに花粉は飛んでいるもので、1月下旬には飛び始めるといわれます。
一般的に、スギ花粉は、九州や関東では1月下旬から、関西では2月上旬から。花粉症は突然発症し、現在の医学では根治が難しく長い年月に渡って症状に悩まされます。
薬に頼ってはいるのですが、やはり生活の中でも対策をすべきかと思い、少し対策方法を調べてみました。
1.飛散の多い時の外出を控える事。
2.外出時にマスク、メガネを使う事。
3.花粉が付着しやすいので、表面がけばだった毛織物などのコートの使用は避ける事。
4.帰宅時、衣服や髪をよく払ってから入室する事。
5.飛散の多い時は、窓、戸を閉めておく事。
6.換気時の窓は小さく開け、短時間にとどめる事。
7.飛散の多い時のふとんや洗濯物の外干しは避ける事。
8.掃除を励行する。特に窓際を念入りに掃除する事。

調べたかぎりのほんの少しの簡単な対策方法を挙げてみました。
日常生活をしている上で、外出をしないという事は難しいかと思います。
とくに営業のお仕事をされている方などは、花粉にも負けず外へ向かっていかなくてはなりません。その際は、マスクやメガネを着用して、鼓膜から花粉が入り込むのを少しでも防いでお過ごし下さい。
また、外出から帰った際は軽くでも服やコートを叩き、付着した花粉を落としておくのもおススメだそうです。
内勤の方に関しては、外出の心配はあまりないかと思いますが、暖かくなってくると窓を開けてお仕事とする事も増えるかと思います。
花粉の飛散が多い日は出来るだけ、窓を開けず、換気程度におさめるのがよいかと思われます。

この春は花粉症にも負けず、皆さまのお役に立てるよう頑張ってまいります。