こんにちは!入社して数か月が経ちましたが、まだまだ学ぶことは多いな・・・と感じる日々を過ごしています。
早く電話応対に慣れ、先輩方の手を煩わせない存在になりたいです。

突然ですが、最近散歩をしています。
行動範囲が狭いので行動範囲を広げるためにも、今まで降りたことのない駅で降りて路地を歩いています。
散歩って意外と面白いものが見つかるときがありますよね。隠れ家的なお店や、好みのお店など、今まで知らなかったことを知れる!というのはすごく楽しいです。
気分転換にもなりますし、たった少しのことで視野が広がるのもいいですよね。
ときにはゆっくりと目で見て、物事を感じるのも大切だなとヒシヒシと感じております。

さて、視野を広げることはお仕事にも生かすことができます。
電話代行のお仕事は、絶対に「これだ!」という決まったパターンはありません。
ありがたいことに多くのクライアント様に弊社の電話代行ご利用頂いており、業界・業種も様々ですのでクライアント様のご希望に合った対応を行っております。
そのため、どのようなお問い合わせに対してもご指示通りに、そしてその状況に応じた対応ができるよう、自身の引き出しは多い方がいいので視野を広く持つことを大切にしています。

またもう一つ、電話応対が上手くなるためには「人のいいところを盗む」ことも大切になってきます。
私はまだ電話代行のお仕事を始めて期間が短いこともあり、日々の受電回数は少なく1日の中で時間に余裕がある日があります。
空いている時間には、過去に対応した分の録音を聴き、自身の対応の中で良い点・悪い点を書き出し次にどう活かそうかと考えています。
その時、「先輩方はどのように対応しているかな。」と考えることがあります。
弊社では日々の受電内容を録音しており、後で確認することが可能です。先輩方の録音を聴き、この対応はいいな!と思う対応は積極的に吸収しようという気持ちで録音を聞いています。
他の方の録音を聴くことは、対応の仕方や言葉遣いはもちろん、様々なケースを聞くこともできますので、新たな気づきが発見され、何よりもいいところをたくさん吸収することができます。

今後も視野路広げ人のいいところを盗み、皆様の期待に応えられるような受電を行なっていき、成長していきたいと思います。