こんにちは。
年々、時が経つのが早く感じるように思います。
私はCUBE電話代行サービスに入社をして、10か月目に入りました。
パソコンを使うお仕事は初めてで、タイピングがとても苦手で、
入社をしてしばらくは受電内容をメモしながら、受電をしていました。

しかし、手書きのメモでは相手の話しているスピードについて行けず、受電内容の聞き取りに悪戦苦闘していました。
先輩が受電しながらブラインドタッチでタイピングをされているのを見ていたのですが、自分に出来るのかとても不安でした。
弊社では即時ご連絡という連絡方法で、受電内容をメール連絡もしくは電話連絡からお選び頂いています。
メール連絡をご希望の場合、タイピングのスピードが遅いとご報告も遅くなってしまいますので、報告内容の正確性だけでなく、スピード性も必要になります。

入社当時は今に比べると、とても遅かったです。
お電話を頂いている方とお話をしながらのタイピングが、こんなにも難しいとは思いませんでした。
前職はパソコンをほとんど使わないお仕事でしたので、キーボードを見ながらでしかタイピングをすることが出来ませんでした。

入社当初は、タイピングのスピードが遅くても仕方がないと思っていたのですが、少しのコツと継続的な練習で、スピードを上げることが出来るのを知りました。
タイピングを上達させるためのコツは「キーボードを見ないでタイピングをする」ことです。
そのためには「ホームポジション」を覚えて、どこのキーがどこにあるかを体感で覚える必要があります。

ホームポジションとは、指を置く基本となる位置のことです。
ホームポジションに指を置かずに行ったブラインドタッチの練習に意味はないといっても過言ではないほど、ホームポジションに指を置くことは重要なことです。
このホームポジションを元にキーボードを見ないで打つことを覚えることが、タイピングスピードを速める近道です。
後は、コツコツ日々の練習あるのみ!とのことなので、まずは会社名・お名前・電話番号などの短い簡単なものから受電中にタイピングをするように練習をしました。

今は練習の成果があり、早くタイピングが出来るようになりました。
ですが、まだ受電をしながらのタイピングは誤字になってしまうことも多いので、練習を続けて正確なタイピングを目指します。
お預かりしたお電話をすぐにご報告できるよう、頑張ってまいります。