皆様、こんにちは。
CUBE電話代行サービスのブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

私も入社して4ヶ月が経ち、1日に受ける電話の件数も、増えてきました。
未だに、一日中、デスクに座っていて、こんなにたくさんの方と様々なお話をすることが出来るなんて、
不思議な感じだなと思いながら、日々、過ごしております。

通話中は、パソコン画面に、直近のお電話の履歴が表示されているので、
直近にお電話頂いた方からの再入電の際に「さっきもお電話を頂いた方だな」と分かるのですが、
久しぶりのお電話でも、お話をしている時に、
「この会社様宛にこの内容だと、以前もお話した方だな…!」と思い出すこともあります。

1ヶ月ほど前にお取りした電話で、
「××の仕事をしていて○○を頼めるところを探していて、色々、電話を掛けてるんです。」というお電話をお取りしました。

その時は、外出中とお伝えして、折返しのご連絡先や簡単なご用件をお伺いさせて頂いたのですが、
その契約者様宛にかかってくるお電話の中では、珍しい業種だなと感じたので、印象に残っていました。

つい最近、同じ契約者様宛のお電話で、「○○でお世話になっている者です。」というお電話をお取りしました。
珍しい業種だったこともあり、以前、お電話を取らせていただいた方だと、パッと思い出しました。

もしかしたら、電話代行を使っていなくても、ご契約に結び付いていたかもしれませんが、
少しでも、お手伝いが出来たのかなと思うと、なんだか嬉しくなりました。

新規のお問合せで、お電話をくださるお客様の第一声で多いのは、「ネットで見て電話しました。」です。

今の時代、ネットで調べれば、たくさんの情報が出てくるので、もし、お電話が繋がらなかった場合、
「別のところに、電話を掛けてみよう…」という事にも、なりかねません。

もし、社内でお電話に出られなかったとしても、電話代行にお任せいただければ、
出先の携帯電話に内線感覚でお電話を転送をさせて頂いたり、
折返しのご連絡先やご用件のお伺いさせて頂いておりますので、せっかくのお問合せが無駄にはなりません。

お忙しくされている皆様と、新規のお客様が結び付くお手伝いが出来ればと思いますので、
ぜひ一度、CUBE電話代行サービスにお問合せ頂ければと思います!