○1級-第9問目
【問題】
メディエーションでは、交渉理論を学ぶことがありますが、次の陥りやすい交渉における認知バイアスについての語句の説明のうち、誤っているのはどれですか。次の中から1つ選びなさい。
1. 行動のエスカレーション―ひとたびある行動を選択すると、その後の状況の変更を省みず、当初の方針のまま深入りしてしまいがちな傾向をいう。
2. パイの大きさは決まっている、という思い込み―双方で分配されるパイを奪い合う交渉の場合に交渉の金額や選択肢、範囲は既に決まっていて変えることはできないと思うこと。
3. 係留効果(アンカリング)と調整―錨(アンカ)を降ろし、交渉を休んでしまうことをいう。
4. 交渉の枠付、枠付作用(フレーミング)-全く同じ条件でも、プラスの枠付をするか、マイナスの枠付をするかにより、選択者の心理が影響を受け、その選択結果は異なるという状態をいう。
解答は次回へ!