本日もCUBE電話代行サービス スタッフブログをご覧頂きありがとうございます。
つい2週間前まで冬用のコートを着て寒い寒いと思いながら通勤していた事が嘘のように、もうすっかり春、、、日によっては夏の様な気候になりましたね。
急な気温の変化で体調を崩されませんよう、皆様どうぞ気を付けてお過ごしくださいませ。
 新型コロナウイルスが流行する前まで、春には必ずと言っていいほどお花見に行っていましたが、この数年で大人数でのお花見や会食を行わない事にも慣れ、新しい暮らし方に順応してきたような気がしています。状況や時代に合わせた変化は必要ですね。

 変化と言えば、最近は英語での入電内容やその頻度にも変化がみられるようになりました。
5、6年前までは英語の入電頻度自体は今ほど高くなく、用件もクライアント企業様の製品やサービスに関する問合せ・購入希望などが大半を占めている状況でした。
しかし現在は、海外向け事業を展開されている企業様、海外拠点のある企業様にも電話代行をご利用頂く機会が増え、それに比例するかたちで英語での入電件数が大幅に増加しています。
現在では入電時のご用件も多岐にわたり、製品・サービスへのお問合せに加え取材依頼、営業のお電話、投資の案内やヘッドハンティングなどのお話も含まれるようになりました。
ご用件によっては、クライアント企業様側のご希望も様々で「すぐのお取次ぎを希望される内容」「まずはウェブサイトから(メールアドレスを伝え)ご用件を連絡頂きたい内容」など対応のご指示を頂くこともございます。

CUBE電話代行サービスでは、提供プランの範囲内にて可能な限り柔軟に対応させて頂きたく、ご契約前だけではなくご利用開始後にも随時ご希望の対応についてご相談を承っております。
繁忙期やそれ以外の時期、新しく取引を開始された相手先様など、サービス契約時とは状況が変わることあるかと思いますので、いつでもご相談頂けるよう体制を整えております。
「このような対応は出来るかな」「特定の方にだけ案内して欲しい内容がある」など、ご希望の対応がございましたら、現在サービスをご利用中の方も、電話代行の導入をご検討段階の方もお気軽にお問合せ下さいませ。

これまで多数様にご利用頂いて参りました英語応対プランは、来年の春に10年を迎えます。10年の節目にはまだ1年少々の時間がありますが、たくさんの方にご愛顧いただき英語応対チームの現在があるということに感謝し、今後もよりよいサービスを提供できるよう尽力して参ります。
引き続きCUBE電話代行サービスを宜しくお願いいたします。

CUBEの英語対応の電話代行サービスはこちら