皆さまは、いつも情報をどのように調べていらっしゃいますか。

テレビや雑誌、新聞やネットにSNS等、現代には様々な情報源があります。

私は主に、SNSで情報をみて、知りたいことはネットで検索して、調べています。
嘘の情報や不確かな情報に踊らされてしまわないように、情報の取捨選択は大切だと言われてきていることだと思います。

でも、思い込みとは怖いもので、一度思ってしまったことは、なかなか頭から離れないということが、よくあります。

いかなる場面においても、正確に物事を伝えるのは、とても大切なことです。

電話代行においても、同じことです。
特に、私達が依頼されることの多い『伝言』です。

「○○様にお伝えください。」と、毎日、数回は耳にするフレーズです。

私達の仕事は、“確実に正確に”契約者様にお伝えすることです。

CUBE電話代行サービスでは、お電話でいただいたご伝言を、メール連やお電話、留守番電話にて、契約者の方にお伝えします。

その際に気をつけなくてはいけないのは、当たり前のことですが、伝言に自分の憶測を追加しないようにすることです。

ですが、説明しておいた方が良いのではないか、と思ったお客様のご様子などは、“CUBEからの連絡事項”として、お伝えしております。

例えば、お急ぎの場合は【至急】と、お付けします。
ご不満、お怒りのご様子の際も、「ご不満(お困り)のご様子でした。」や「お怒りのご様子でした。」等を、併せて、ご報告させていただくようにしております。

契約者様にご対応していただく際も、何も知らない状態よりもスムーズにご対応いただけるかと思います。

契約者様にお伝えさせていただく際は、分かりやすく正確にお伝え出来るよう、気を付けてご報告をしてまいります。