ブログをご覧頂いている皆様、こんにちは。
先日、とあるクライアント様の受電対応中に『あなたとお話しするのは、初めてですね。最近、入った方ですか。』と、お電話口のお客様よりご質問を頂いたことがありました。

そのような時も、慌てず『はい。最近入った事務の者です。』とお答えさせて頂きましたが、そのお客様からは『そうですか。頑張ってください。』とお言葉を頂き、少し嬉しい気持ちになったことがございました。

このように回答させて頂くことで、初めて聞いた声に対しても、お客様に安心して頂くことが出来るのではないかと思います。

今回、この応対のことを書こうと思ったのは、先日、電話代行をご検討中の方より『お客様へ電話代行を使っているような雰囲気は、伝わることがないようにして頂きたいです。CUBEさんは、電話に出る際の社名の名乗りなどは、どのように対応されていますか。』とお問合せを頂いたことがきっかけでした。

やはり電話代行を初めてご利用される方は、電話代行を使っていることをお客様に悟られたくないとお考えの方もいらっしゃいます。

CUBEでは、基本的にクライアント様の事務員の一員として電話対応をさせて頂いておりますので、電話をお取りする時は、ご指示いただきました社名や屋号、事業名を名乗らせて頂きます。

お客様に『最近入った方ですか。』、『あなたのお名前は。』と確認をされた場合は、『最近入った事務の者』や、オペレーターの名字をお答えし、お客様へご不安を与えることがないように対応させて頂きます。

また、クライアント様の事業内容にもよりますが、事務員として電話を受けるのではなく注文や予約を受ける一時受付のコールセンターとして、対応して欲しいとご希望される場合は、そのように対応させて頂いております。

コールセンターのようにお使い頂く場合でも、お客様への折返し対応が必要になるご用件の場合は、クライアント様よりご対応をして頂くことが必須となります。

こちらをご了承頂いた上で、電話応対時の聞き取り項目などの詳細のすり合わせをさせて頂き、電話代行サービスを開始させて頂きます。

お電話をお掛け頂いたお客様は、初めて聞く弊社オペレーターの声に少しご不安になられる場合もあるかと思いますが、弊社CUBE電話代行サービスでは、その不安も取り除いていけるように、笑声での対応もしっかりとさせて頂いております。
その他にも、気になることがあり、お悩みの方は、ぜひ一度、お問合せくださいませ。