無料ではじめられるグループウェア4選

グループウェアは社内やチーム内で情報共有、ファイル共有、チャットでコミュニケーションを取るなど、いろいろな機能が揃った便利なソフトウェアです。
有料だから導入は見送っているという中小企業さんは多いと思いますが、実は無料で使えるグループウェアもたくさんあります。

今回は、中小企業におすすめの無料ではじめられるグループウェアを4つご紹介したいと思います。
情報共有や社内コミュニケーションを円滑にしたいとお考えでしたらぜひお試しください。

グループウェアとは?

グループウェアとは企業や組織内で情報の共有やコミュニケーションが取れるソフトウェアのことです。
スケジュール管理、ToDoリスト、ファイル共有、メール、ワークフロー、掲示板といった機能があり、これらの機能を使うことで社内やチーム内での情報共有、コミュニケーションをスムーズに行えるようサポートしてくれます。
パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットからアクセスできるグループウェアも多いので、端末を問わず使用できるのもグループウェアの良さです。

サイボウズLive

サイボウズLive
サイボウズLive

「サイボウズLive」は無料で使用できる人気のグループウェアです。
グループチャット、掲示板、ToDoリスト、ファイル共有などの全ての機能を無料で使えます。
グループのメンバー数・ディスク容量には利用制限があり、拡張するには有料オプションの提供が予定されていますが、2015年12月現在、有料オプションはなく、無料で利用可能となっています。

利用制限:
グループメンバー数 / 300名
グループ内のデータ保存容量 / 1GB
※グループは無料でいくつでも作れます。

機能:
グループチャット
カレンダー
ファイル共有
ToDoリスト
イベント
リンク集(Webリンク共有)
掲示板
アンケート
スライドショー

Aipo.com

Aipo.com
Aipo.com

「Aipo.com」は無料のSプラン(機能制限あり)から始められるグループウェアです。
メッセージ機能は複数人、または1対1でチャット感覚でのコミュニケーションができ、スマホ(iPhoneアプリ)からも利用できます。

機能制限が解除されたMプランは1ユーザー / 月額420円、Lプランは1ユーザー / 月額840円となっています。
無料のSプランで利用できる機能は以下の通り。

【Sプラン】
容量:10MB(一社あたり)

機能:
アドレス帳
ユーザー名簿
メッセージ
タイムライン
スケジュール
タイムカード
掲示板
伝言メモ

Chatter

Chatter
Chatter

「Chatter」は無料版でも最大5,000名規模のコラボレーション機能が利用できます。
無料版は機能制限があり、全機能が使える有料版は1ユーザー / 月額1,500円となっています。
モバイルファーストで設計されているので、モバイル端末でも利用しやすいグループウェアです。

【無料版】
機能:
プロファイル
ステータス更新
アクティビティフィード
グループ作成
ファイル共有
Chatter デスクトップ
Chatter Mobile

GRIDYグループウェア

GRIDYグループウェア
GRIDYグループウェア

「GRIDYグループウェア」は無料版SaaS型クラウドグループウェアで、23機能が無料で利用可能、ユーザー登録数は無制限です。
有料のビジネス向けのオールインワンアプリケーション「Knowledge Suite」も提供しています。

機能:
マイページ
スケジュール
設備予約
部署 / グループ
プロジェクト管理
トピック
メール
アドレス帳
電話メモ
メッセージ
タイムカード
ToDo
ファイル
メモパッド
レポート提出
議事録
ワークフロー
アラーム
メンバー一覧
備品管理
グループマネージャー
設定
GRIDYモバイル