CUBE電話代行サービス比較

「よし、電話代行サービスを使ってみよう!」と思っても、どれが自分の会社や事務所にあったプランなのかパッと見ただけではわかりませんよね。本ページでCUBE電話代行サービスのプラン比較をしてみましたので、是非それぞれのプランの違いや特徴を確認してみてください。

【目次】
電話代行シンプルプラン
格安電話代行サービスのデメリット
CUBE電話代行サービスシンプルプランは?
CUBE電話代行サービススタンダードプランとの比較
CUBE電話代行サービスのスタンダードプラン
CUBE電話代行サービスシンプルプランとの比較
電話代行サービスシンプルプランとの違い
受付代行サービス
電話代行サービスとの比較
WEB受付代行サービス
CUBE電話代行サービス比較まとめ

電話代行シンプルプラン

ずばり、一番リーズナブル!
さらにサービス内容は充実のプランです。実はCUBE電話代行サービスでは、どのプランでも料金内で『内線感覚で取り次ぎ』ができる『応答後転送サービス』がついています。これってなかなか他社にはないサービスなんですよ。

※応答後転送サービスをYoutubeの動画でCheck

最近増えている格安の電話代行サービスは、「担当者は外出しておりますので折り返しご連絡いたします」っていう定型文で受け答えするところが多いんです。メリットとしては定型文で対応するだけなので、CUBE電話代行シンプルプランよりももっと安く使えます。業務委託で個人の方へ依頼し、リモートでその人の自宅で対応してもらうので、簡易な対応になってしまいます。

格安電話代行サービスのデメリット

個人へ電話応対を業務委託

デメリットとしては「いつ電話しても外出中なんだね」とか「何時に戻ってくるかいつもわからないの?」とか不信感を与えてしまうことですね。毎回違うオペレーターが受電し、前回の履歴も見れないので、2回目、3回目に電話を受けた人でも顧客や取引先に「申し訳ございません。」のお詫びの一言もないこともo(T_T)o

せっかく電話代行サービスを使っているのに、電話の相手に不信感を与えてしまってはビジネスとしてはマイナスに…。こんな理由で他社からCUBE電話代行サービスに乗り換えられる方も多いんです。

CUBE電話代行サービスシンプルプランは?

CUBEの電話代行シンプルプランでは、月額10,000円(税込11,000円)で、『内線感覚で取り次ぎ』ができる『応答後転送サービス』だけでなく、日によって応対を変えることも出来るんですよ。また、『応答後転送サービス』でも営業電話とわかる電話はCUBEスタッフがその場でお断りするので、本当に必要な電話だけを内線で受けられるところが魅力です。
応答後転送サービスは、YouTubeの動画で詳しく確認頂けます。詳しくはこちら

CUBEの電話代行シンプルプランの使い方の一例を見てみましょう。
・4月〇日:事務所にずっといるので『応答後転送サービス』→CUBEから内線感覚で携帯に電話が来る
・4月△日:10時~12時は会議なので『会議中のため12時以降の折返し』→CUBEで電話相手にそのように伝える→報告が来る
・4月□日:14時から終日外出なので『急ぎの電話以外は翌日の折返し』→CUBEで電話相手にそのように伝える→当日の折り返しが必要か否かを踏まえて報告が来る

CUBE電話代行サービススタンダードプランとの比較

じゃあ、CUBEの電話代行シンプルプランと電話代行スタンダードプランは何が違うの?となると思いますが、大きくは3つ違います。
1:連絡先の登録人数・・・シンプルプランは1名まで無料!スタンダードプランは10名まで無料!
2:営業時間外の留守番電話メッセージ・・・シンプルプランは5つの定型文から選択!スタンダードプランは好きなようにメッセージ内容を作成!
3:月のコール数:シンプルプランは月50件まで受電が無料!スタンダードプランは月100件まで受電が無料!

上記を踏まえたうえで、CUBEの電話代行シンプルプランの利用がオススメな方は・・・
・1人で仕事をされている方、もしくは少人数で仕事をされている方
・会社や事務所宛の電話が月に50件程度以内の方
・なるべく月額費を抑えたい方
ですね。
もちろん、「こんなことは出来ないの?」などの疑問質問があれば、直接お問い合わせください。色んなご提案が出来ますよ。

CUBE電話代行サービスのスタンダードプラン

電話代行スタンダードプランとは、料金内でシンプルプランよりも臨機応変な応対が出来るプランです。電話代行シンプルプランで出来ることはもちろん網羅しています。なので、ここではシンプルプランの内容に加えて更にどんなことが出来るのかという特徴を紹介しますね。

CUBE電話代行サービスシンプルプランとの比較

電話代行シンプルプランの項目でも記載しましたが、シンプルプランとスタンダードプランでは大きく3つの違いがあります。
1:連絡先の登録人数・・・スタンダードプランは10名まで無料!シンプルプランは1名まで無料!
2:営業時間外の留守番電話メッセージ・・・スタンダードプランは好きなようにメッセージ内容を作成!シンプルプランは5つの定型文から選択!
3:月のコール数:スタンダードプランは月100件まで受電が無料!シンプルプランは月50件まで受電が無料!

まず、連絡先の登録人数が10名まで無料ですので、10名分の連絡方法を分けることが可能です。

例えば、
・Aさんは社内にいることが多いので基本的には『内線感覚で取り次ぎ』ができる『応答後転送サービス』、
・Bさんは外出が多いけど携帯でメールチェックが出来るので基本的には「外出中対応」をしてメールで報告、
・Cさんも外出が多いけどLINEを主に活用しているので基本的には「外出中対応」をして(※1)LINEで報告、
など、ざっとであれば基本の応対を人別で分けることも出来ちゃいます。
(※)・・・LINE報告はオプション料金≪月額1,000円(税込1,100円)≫です。
CUBE電話代行サービスのLINE報告について詳しくはこちら

電話代行サービスシンプルプランとの違い

電話代行シンプルプランと大きく違う点は、基本の応対マニュアルとは別に1400文字程度までの別途マニュアルを無料で登録することが可能です。「基本の商品名やサービス名、価格について聞かれたら答えてほしい」や「納期の目安を聞かれたら答えてほしい」、もしくはよくあるFAQの登録なんかも1400文字以内なら無料で登録OKなんです!商品名や価格が変更になった場合は、情報更新も無料で行います。

そのほか、簡単な求人応募の受付や、セミナー受付などであればこちらも料金内です。
一例をあげると、
求人応募受付:応募者のフルネーム、性別、年齢、電話番号を聞き取って、メールでご報告
セミナー受付:架電者の名前、セミナー参加希望人数、参加希望セミナー日時、電話番号を聞き取って、メールでご報告
などなど。(※2)
(※2)・・・予約表などを確認しながら本予約、本受付をCUBEスタッフでする場合は、次項の「受付代行サービス」がお勧めです!

電話代行シンプルプランよりもかなり充実したサービス内容で、月額25,000円(税込 27,500円)のスタンダードプランは
・複数名で仕事をされている方
・会社や事務所宛の電話が月に50件以上の方
・シンプルプランよりも臨機応変に電話応対をしてほしい方
におススメです!
電話代行スタンダードプランはこちら

受付代行サービス

受付代行サービスはスタンダードプランよりも本格的な電話での受付を代行します。
セミナーやイベント、キャンペーンの申込みの受付や、治療や施術の予約の受付、カウンセリングの受付など、様々な電話での受付を予約表や予約管理画面を共有してCUBEスタッフが『完了』まで行うことが出来ちゃいます。
もちろん、予約変更やキャンセルもCUBEスタッフが電話で承りますよ。
電話を受けた都度、メール等で報告を入れますのでリアルタイムで予約日時や変更内容が確認できます。

他にも「現在はWEB販売をまだ積極的には行っていないけど、今後に向けて電話注文は取っていきたい」という方や、「店舗で販売している商品の電話の注文を取ってほしい」という方の注文受付の実績もありますのでご安心ください。

電話代行サービスとの比較

電話代行シンプルプランや電話代行スタンダードプランとの違いについては、受付や予約、注文を完了まで受けられるか否かが大きいですが、他にも下記のように大きく3つの違いがあります。
1:連絡先の登録人数・・・スタンダードプランと同様に10名まで無料!シンプルプランは1名まで無料!
2:営業時間外の留守番電話メッセージ・・・シンプルプランと同様に5つの定型文から選択!スタンダードプランは好きなようにメッセージ内容を作成!
3:月のコール数:月101件~のコールオーバー料金!(※3)(※4)設定。

(※3)・・・受付代行サービスの受電には1件目から「受付応対料」として100円(税込110円)~/件 をいただいております。そのため、スタンダードプランよりも応対時間が長くなるQ&A対応や、聞き取り項目数をオーダーメイドで設定します。
(※4)・・・受付応対サービスにて101件目からの受電にはコールオーバー料金として200円(税込220円)/件 をいただいております。

スタンダードプランよりも電話での受付に特化したサービス内容で、月額30,000円~(税込 33,000円~)の受付代行サービスは、
・電話で予約は取りたいけど受電出来ない時間が多い方
・WEB予約よりも電話予約が主の方
・WEB販売は無いけれど、電話注文で商品販売をしている方
におススメです!
受付代行サービスプランはこちら

WEB受付代行サービス

WEB受付代行サービスは、ネットショップに特化したコールセンター運営サービスです。
電話代行シンプルプラン・電話代行スタンダードプランとは大きく違い、ネットショップを運営されている方、施術の予約などをWEB上で主に行っている方などに向けて作られたサービスなんです。

受付代行サービスと大きく違うところは、所有されているHPをCUBEスタッフも確認しながら、お客様からの質問にお答えしたり、注文を受けてネットから入力代行を行ったりするところですね。
もちろんHP上に記載がないことでも、前もってマニュアルを渡していただけたら対応OK!支払い方法やお届けまでの日数の確認、商品の返品や交換、キャンセル処理についてなど、よくある質問もお任せください。

しかし、下記のように受付代行サービスと同じところもあります。
1:連絡先の登録人数・・・受付代行サービスと同様に10名まで無料!
2:営業時間外の留守番電話メッセージ・・・受付代行サービスと同様に5つの定型文から選択!
3:月のコール数:月100件以下のコールオーバー料金は不要!(※5)(※6)

(※5)・・・WEB受付代行サービスの受電には1件目から「受付応対料」として100円(税込110円)~/件 をいただいております。
(※6)・・・WEB受付応対サービスにて101件目からの受電にはコールオーバー料金として200円(税込220円)/件 をいただいております。

受付代行サービスよりもWEB確認やWEB注文に特化した 月額50,000円~(税込 55,000円~)のWEB受付代行サービスは、
・WEB対応を主にしているけれど、顧客に電話で色々聞きたい方が多くて長時間拘束されてしまう方
・今からネットショップ事業を立ち上げるのでスタッフを雇うまでは電話は誰かに任せたい方
・大手のコールセンターを使うほどではないけれど、忙しすぎて受電スタッフがもっと欲しい方
におススメです。
「CUBEだけで解決、完了してくれることが多いので助かるよ」と好評ですよ。

また、ネットショップ立ち上げの方には「フリーダイヤル番号のレンタル」も行っていますので、お気軽にお問い合わせください。
WEB受付代行サービスプラン詳細はこちら

CUBE電話代行サービス比較まとめ

顧客から喜ばれること
クライアントとともに成長する電話代行サービス

さて、ざっくりですがそれぞれのプランの違いや特徴をご説明しました。
しかし、CUBE電話代行サービス全体としての特徴は「クライアントとともに成長するサービス」だと思っています。
どのご契約者様も、年月が経過したり社内状況が変わったりすれば、CUBEに提出されたマニュアルの内容とは変わっていくことがあると思います。
実はCUBEではその都度、情報を共有してもらいたいと思っています。そしてCUBE内で改めて知識を深めたり情報を更新したりしています。
また、電話口のお客様からの質問で「これはCUBEでその場で答えられたらスムーズだな」と感じることは、契約者様にご相談やご提案をしてマニュアルを更新することもあります。

CUBE電話代行サービスを始めてから初めて「うちの商品に関してはこんな質問が多かったんだなぁ」と契約者様が気づくこともあると聞きます。
それが契約者様のHPの情報更新に繋がることもあります。

CUBE電話代行サービスは、ただ「かかってきた電話に出る」のではなく、契約者様ごとにどのような電話がかかってくるのかを把握し、どのように対応すれば一番いいのかを常に考え、電話口のお客様にも契約者様にも喜んでもらえるように様々な知識を深めて成長していくサービスだと考えます。

そしてなにより、契約者様から「売り上げが増えたよ」や「リピーターが増えたよ」という声が私たちの一番の喜びなんです。