皆様、こんにちは。
CUBE電話代行サービスのブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
毎日、厳しい寒さが続いておりますが、皆様は、いかがお過ごしでしょうか。

さて、皆様は『電話代行』という言葉に、どのようなイメージをお持ちでしょうか?

普段の生活の中では、ほとんど聞くことのない言葉なので、イメージしづらいかもしれません。
実は私も、電話代行というサービスがあること自体、入社まで知りませんでした。

私は前職で、ホテルのフロントスタッフとして働いておりました。

ホテルといえば、『おもてなし』や『ホスピタリティ』といった、
親切丁寧なサービスをイメージされる方も多いのではないでしょうか。

そんなホテルで働いていた私でも、当社CUBE電話代行サービスへ入社後、
そのサービスの質の高さに驚くことが、多々ありました。

そこで今回は、私が感じた『入社前』と『入社後』でのイメージの違いについて、
お話させて頂きたいと思います。

「いざ利用したい!」と思っても、どんな感じで対応してもらえるのか分からない…。
そうお考えの方も、いらっしゃるかと思いますので、ぜひご参考にして頂ければ幸いです。

私の『入社前』のイメージでは、
「会社の事をよく知らないスタッフが会社の社員として電話を取るなんて、本当に出来るのか?」や、
「電話代行を利用していると相手に分かってしまうのでは…?』などと思っていました。

しかし、実際に入社してみると、電話代行とは言われなければ分からないくらい、自然な応対を行なっています。
また、プランによっては簡単な質問に答えたり、注文をお受けしたりという対応も出来ますので、
貴社の社員により近いご対応が可能です。

その他にも、一日に多くの電話を取り続けるようなお仕事となると、
事務的で淡々とした対応になっているのでは…と思っていたのですが、
CUBEのスタッフは、ひとつひとつのお電話をとても丁寧に対応しています。

事務的な対応という印象は、一切ありません。

また、CUBEは、どのスタッフもとても言葉遣いがきれいで、ビジネス敬語を使いこなしています。

全国の企業様にご利用いただいており、全スタッフ、標準語で対応しておりますので、
「変な言葉遣いをされないか…」・「大阪の会社だと、関西弁が出てしまうのでは…」といったご心配も、
一切不要です!

法律事務所様や司法書士事務所様など士業系のお電話なども、多数対応をしておりますので、
基本的な専門用語などのお聞き取りもご安心ください!

CUBEの電話代行サービスは、ホテルにも負けないおもてなしのサービスです!
電話代行をお考えの方は、是非一度、CUBEまでご連絡くださいませ。