みなさん、こんにちは。
本日もCUBE電話代行サービスのブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

最近、『定年おやじの人生改革』という本を読みました。
終身雇用制度が始まって以来、男性は働いて、女性は家庭を守るという構図が自然と出来上がり、家庭を顧みず、働く男性が増えたようです。

そこで、今その世代に多いのが、定年を迎えた男性の居場所が家庭になく、熟年離婚にいたるという状況だそうです。

この本では、同じく定年を迎えた男性が、孫の世話を通して子育ての大変さを学び、徐々に家族に認められていくといったストーリーです。

本人は、女の人には生まれつき母性があるのだから、子育ては外で働いている自分たちよりも楽なことだとし、自分も家で大きな子供になっていたことに気づかなかったという事態から始まりました。

私は女性ではありますが、どちらかというと子供は苦手です。
しかし、姉の子供が生まれ、甥や姪が出来てからは、徐々にではありますが、苦手意識がなくなってきました。
なかなか会う機会はないですが、これからも少しずつ慣れていきたいです。

このように誰しも得意不得意はあると思います。
それを克服出来ることが一番かもしれませんが、どうしても機会がなかったり、時間が取れない方も多いと思います。

それは、電話対応も同じだと思います。
ある経営者様は、会社設立当時、電話が苦手でかかってきた電話に自身では普通に対応していたにも関わらず、「あの会社の社長はヤクザではないか」と噂を立てられるほど、ぶっきらぼうになっていたようで、電話がほとんどかかってこない時期があったとか、、、

特に、少数精鋭で事業をされている方など、電話対応になかなか時間が取れないことも多いかと思います。
まして、一人一人に丁寧な対応が出来るかというと難しいという方もいらっしゃいます。

そういう方には、CUBE電話代行サービスがおすすめです!
御社が忙しい時でも、CUBEにお電話を転送いただくだけで、CUBEスタッフが笑声で丁寧に御社スタッフとしてご対応させていただきます。

その後、メールやお電話等で、お電話の内容を報告させていただきますので、お時間に余裕がある時に、相手の方に折返しをしていただきますと、お話もよりスムーズに進むのではないでしょうか。

もし、大事な電話には、すぐに対応したい等ございましたら、内線感覚で担当者様の携帯にお繋ぎし、すぐにご対応いただくことも可能でございます。

詳しくは、HPに記載もございますが、お問合せいただきましたら、CUBEスタッフから、より具体的にご説明させていただきます。

是非、お気軽にお問合せくださいませ!

前の記事:
次の記事: