皆様、こんにちは。
CUBE電話代行のブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

本日のテーマは、『激安』という言葉に潜む落とし穴についてです。

皆様、電話代行を選ぶ時は、どこを重視されますか?
応対内容、金額、対応の質、営業時間など、様々な観点から選択されると思います。

電話代行を活用される方には、事務員を雇用するよりも、代行に依頼して、コスト削減をしたいと考えられる方も多いかと思います。

そんな時、様々な電話代行会社がある中で、金額が重要視されると思います。
近年は、激安を前面に出して、料金のご案内している電話代行の会社さんがあります。

ただ、激安の料金価格には、実は、落とし穴がある可能性があります。
私自身、ネットで度々調べ物をするのですが、最近ですと、不良品回収について調べました。

数々あるリサイクル業者さんの中で、金額と、安心して任せられるかという点から、何社かお問合せをしました。

実際に調べた中で、激安を売りにしている業者にお問合せをし、見積りをしていただいたところ、思っていた金額よりも、はるかに高い金額になりました。

ネットで見て、こんなにも安いならお得だと思って問合せしましたが、基本の料金に出張費や人件費、さらには、解体費などプラスでどんどん金額が追加されました。

そのため、いくら金額がお得であっても、その金額で、そのまま提供される訳ではないと知りました。
だからこそ、激安金額を提示されている会社を選択した際は、気をつけないといけません。

電話代行の場合で申しますと、基本料金は、かなりお得であっても、会社名と名前と電話番号の聞き取りはするが、用件に関しては、別途料金が発生することや、情報の変更をする際の変更料がかかったり、通話料が高額に設定されていたりなど、それだけでコストが発生します。

基本料金の安さが、お客様がお支払いする金額とは限らず、もしかしたら、損をしているケースもあるかもしれません。

弊社のプランでは、基本的に必要なサービスが月額料金内に含まれておりますので、金額も明瞭です。

ご希望のご対応などお聞かせいただければ、御社の使い方に合ったプランをご提案させていただきます。
電話代行をお探しの方、是非、一度、弊社CUBEへお問合せくださいませ!