いつもCUBEのスタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます。

突然ですが、皆様は、営業電話の応対に困ったことはありませんか?
忙しい時に作業を中断して電話に出たら、悪質な営業だった・・という経験をお持ちの方はいらっしゃいませんでしょうか?

私自身、前職で事務員として働いていた際は、営業電話の応対に悩まされていました。

お断りして、すぐにお切りいただける場合は、まだ良いのですが、なんとか情報を聞き出そうとしたり、横柄な態度で担当者に取り次げと言ってきたりするような業者もいて、辟易しておりました。

CUBE電話代行サービスのご利用をご検討中の皆様の中には、「1日に何件もかかってくる営業電話を何とかしたい!」と思われている方も多いかと思います。

そこで今回は、CUBEでの営業電話への応対についてお話したいと思います。

CUBEで営業電話を受電した際の応対は、大きく2つに分けることが出来ます。
営業電話であってもご報告させていただく場合と、営業電話についてはご報告をお控えする場合です。

前者の場合、事前にご指示をいただいている「営業リスト」の会社からのお電話についてはご報告せず、それ以外の会社からのお電話は、内容が営業だと思われる場合でも、ご報告をさせていただいております。

ご報告後に「この電話は営業なので、今後は連絡不要」とご連絡をいただけましたら、次回以降は「営業リスト」に追加し、ご報告を控えさせていただきます。

後者の場合、「営業リスト」の会社からのお電話だけでなく、CUBEで明らかに営業と判断出来るお電話については、基本的にご報告いたしません。

営業かどうかの判断が難しい場合は、念のためにご報告させていただき、ご指示を仰ぐ場合もございますが、その場合も「この電話は営業です」とご連絡いただけましたら、該当の受電に関しては、コールカウントから除外させていただき、以後のご報告は控えさせていただきます。

実際にご契約いただいているクライアント様を見ると、営業電話のご報告をご希望されるケースは少なく、営業電話の判断をCUBEにお任せいただいているケースが大半ですが、受電内容をご自身で確認してから、営業かどうかご判断されたい場合や、営業電話も記録に残しておきたい等のご要望がございましたら、ぜひご相談くださいませ。

皆様の業務の効率化に少しでもお役立ていただけますよう、尽力してまいりますので、今後ともCUBE電話代行サービスを、何卒よろしくお願いいたします。