本日も、CUBE電話代行サービスのブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

今回は、ご検討中のお客様からのよくいただくご質問を紹介させていただこうと思います。
今回、取り上げるのは「在籍登録」と「連絡先登録」の違いです。

まず、両者の違いですが、「在籍登録」は、お名前のみご登録させていただきます。

そして、「連絡先登録」は、お名前と併せて、電話番号とメールアドレスのご登録もさせていただけます。
電話番号かメールアドレス、どちらか片方のみの場合でも、連絡先は1件として扱われます。

実際に、弊社の電話代行サービスをご契約中のクライアント様の例を交えて、ご紹介させていただきます。

ライトプランでご契約中の山田様は、ご自身と職員2名様で、水道工事を主に請負う事務所を運営されています。

ライトプランは、月のコール数は50コール、月額11,000円(税込)、ご連絡先は1名様までご登録いただける一番シンプルなお取次をするプランです。

小規模な企業様や個人事業主様に、よくご利用をいただいており、ご好評をいただいています。

話は逸れましたが、山田様はご自身のご連絡先をプラン内でご登録、加えて、職員のA様、B様を「在籍登録」されています。

山田様宛にお電話があった場合は、連絡先登録いただいているご指定のお電話番号へ応答後転送をし、お繋ぎ出来ない場合は、外出対応いたします。

「在籍登録」をしているA様、B様宛に電話があった場合は外出対応をし、「連絡先登録」いただいている山田様へメールでご報告いたします。

その後、山田様より、A様、B様へメールを振り分けてくださっているとのことです。

本人への連絡は不要だが、在籍していることをCUBEでも把握しておいて欲しいという場合は、「在籍登録」としてお名前をご登録させていただければと思います。

ご契約のプランによって、ご登録いただける在籍者様の数は異なります。
ちなみに、ライトプランは最大10名様、スタンダードプランは最大20名様までご登録いただけます。

運用方法があまり上手くいっていない、電話が予想以上に鳴る(鳴らない)場合も、ご契約後のプラン変更を随時、承っております。
※但し、プランダウンのご変更の場合は翌々月から、プランアップの場合は翌月からと、適用開始月が異なり、変更手数料が別途発生いたします。

御社の対応に沿ったプランをご案内いたしますので、ぜひ、一度ご相談くださいませ。
CUBE電話代行サービスが御社の業務のサポートになれば幸いです。
お問合せをお待ちしております。