こんにちは。
いつもCUBE電話代行サービスのブログをご覧いただき、ありがとうございます。

私事ですが、少しお話をさせてください。
お恥ずかしいことに、自分自身、柔軟性はある方だな!!だと思っていました。

ですが、以前の社内研修で、先入観なしで物の使い道を書きなさいというお題が出ました。
お題は、『たわし』でした。

私は、『掃除』、『泡立てる』、『痛い思いをさせる』など6個しか出ませんでした。
正直、自分でも驚きました。

一緒に研修を受けていたメンバーも、やはり少ない数が多いようでしたが、
数名からは、『インテリア』、『アクセサリー』などの答えが出てきて「こんなこともあるのだ!」と感じました。

また、同じ『掃除』でも『縦にこする』、『横にこする』などの意見も出ました。
確かに、先入観はなしというお題なので、こちらもOKでした。

その解答を聞いて、自分には柔軟性が欠けていると実感しました。

その後、再度、別のお題で挑戦すると、30個近く出たので、少し安心しました。
他の研修メンバーも、20名近くいますが、全員1回目より2回目の方が増えていました。

繰り返すことにより、更に柔軟性がアップし、鍛えることが出来ます。
また、想像しながら行ないますので、想像力もアップしてくると思います。

もちろん、電話対応の研修も受けていますが、このように柔軟な考え方なども学んでいます。
色々なパターンや柔軟性を養うことで電話対応の受け答えにも役立ってくると思います。

ワンパターンになってしまう相槌や、クレームでの謝罪の言葉など考えてみると多くありますが、とっさに出る言葉は、限られていると思います。

実際に、私も初めの頃はワンパターンになることや、何と答えたらお客様に納得していただけるのかなどが分からず、同じことを繰り返してしまうこともありました。
その際は、先輩スタッフがフォローに入ってくださり、ご納得いただいて、終話できました。

現在も、先輩スタッフに頼ることは、もちろんありますが、自分で考えて対応できるようになりました。

現状で満足せず、日々、成長出来るように心がけています。
このように、CUBE電話代行サービスでは、先輩スタッフのサポートはもちろん、講師を呼んで研修も行なっていますので、こちらもご安心していただけるポイントではないでしょうか。

ぜひ、気になることがございましたら、お気軽に弊社CUBE電話代行サービスまで、
お気軽にお問合せくださいませ。

CUBE電話代行の資料請求やお見積りなども承っております!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
引き続き、CUBE 電話代行サービスをよろしくお願いいたします。