皆様にとって、理想の方は、いらっしゃいますか。
また、自分自身の理想は、持っていらっしゃいますか。

理想を持ちますと、そこに向かって努力をすることができ、また、その努力を大変だと思う気持ちが何もなく、嫌々行なうより、素直に余裕を持って行動できると思います。

理想の人として掲げる、いわゆるロールモデルを選定する際に、遠い未来と感じている、この世から居なくなる時に、どのような人であったと思われたいか、仕事上、どのような人と思われたいか、近い未来どうなっていたいのかを、まず意識して考え、それに近いと思う方々を見つけ出し、分析を始めなければなりません。

分析で、ロールモデルの方が、どのような方法を取っているのか、それにより、どのような結果が生まれているのか、また、その時の周囲の反応なども観察し、洞察する必要があります。

その後、1番大切なことは、それを実践するということです。
自分の理想とする人を真似して行動することで、いつの間にか、理想の自分になっているのだと思います。

長く険しい道のりですが、これをするかしないかにより、人生の充実度や穏やかさが大きく変わってきます。

今回、何故このようなお話をしたかと申しますと、新人研修で、対応の質を上げるためのコツや方法とともに、『理想の自分』を考える時間があったからです。

弊社CUBE電話代行サービスで働いているスタッフのほとんどは、このような研修を受けております。

理想の自分を考える中で、一般的に嫌な態度をとったり、挨拶をしなかったり、身だしなみが、きちんとしていなかったりする人を想像する人は、かなり少ないと思います。

そこで、皆様は『電話代行』と聞いて、どのようなイメージをされますか。

電話代行の導入をご検討されているお客様や、以前に導入をされていたお客様の中には、電話代行に任せると、「クオリティーが下がるのではないか…」とご不安な方もいらっしゃるのではないかと思います。

私どもは、電話対応や接客の専門講師による研修を受けており、新人には、教育担当も付きます。
受電時には、教育担当の先輩にリアルタイムで通話内容を確認していただきながら対応し、1日の終わりにフィードバックをしたりする等、徹底した品質の管理を行なっております。

10人いれば10通りの理想の形がありますが、それは、どれもお客様にとってマイナスになるものではないと思います。

これからも、理想の自分を追い求めながら、皆様のお役に立てるよう、日々、精進していきたいと思います。

弊社の電話代行サービスを安心してご利用いただけるよう、私どもCUBEのスタッフは、日々、笑声で、親切・丁寧に対応してまいります。
今後とも、CUBE電話代行サービスをよろしくお願いいたします。