こんにちは。
いつもCUBE電話代行サービススタッフブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

突然ですが、最近、私は「ちょこまみれ」というお菓子に、はまっております。
カントリーマアムをチョコレートコーティングしたもので、この表現で美味しくないわけがない!とお気づきの方もいらっしゃると思います。

インスタグラムで、この商品の投稿を見つけ、即コンビニに走りました。
最近の流行は、スマホ一つで、すぐに知ることが出来ますので、本当に便利です。

その一方で、情報に溢れており、どれが正しい情報かが分からず、画面を見ているだけでいつの間にか時間が経っていることもあり、便利な反面、様々な弊害もあるように感じます。

私が最近、読んだ本で、百田尚樹さんの「新・相対性理論」という本があります。
相対性理論と聞くとアインシュタインを思い浮かべる方が多いと思いますが、この「新・相対性理論」は、日本人視点からの「時間」の大切さを説いています。

みなさんは、大人になってから、急に一日が終わることが早いと感じたことはありませんでしょうか。

私は日々、感じております。

頭では、子供の頃も今も、時間が経つスピードは変わるはずは無いと分かってはいるのですが、どうしても、社会人になってからの時間の経つスピードはあまりにも違う気がします。

日本人は、平均年齢が世界でも、非常に高い国でも知られております。
そこには、食生活や医療技術など様々な要因があるようです。

しかし、平均寿命が短い発展途上国の人々たちは、もっと若い頃から時間の変化に気付いているかもしれないのです。

人は、余命宣告をされてからが最も時間の流れが早く感じるそうです。
このことから、成長をする上で、様々な知識を蓄積し、時代の変化に敏感になり、知らされていなくとも、自身の寿命に近づくことを感じているため、年を重ねるごとに時の流れが早く感じるのだそうです。

この本では、すべての基準は「時間」に値すると書かれておりました。
様々な例を基に、行動と時間の関係を説明しており、作者らしい視点で、大変興味深かったです。

この本から改めて時間の大切さを学びました。

弊社CUBE電話代行サービスのお客様の中にも、おひとりで会社をされており、営業回りなどもご自身でされ、電話対応をする時間がなかなか作れないという方も、たくさんいらっしゃいます。

そのように忙しく動かれている方に、弊社の電話代行サービスは、とても有効です。
電話対応を私たちCUBEに任せることによって出来た時間を、他の業務の時間に回せますので、更に業務効率が上がります。

経営者の方は、特に時間がいくらあっても足らないという方が多いと思いますので、ぜひCUBE電話代行サービスにお任せください!

この度も、スタッフブログをお読みいただき、誠にありがとうございました。