皆様、こんにちは。
CUBE電話代行サービスのブログをご覧いただきまして、有難うございます。

新しい年度も始まり、お忙しい日々が続いていらっしゃるかと思います。
皆様、体調等崩されませんよう、お気を付けてお過ごしくださいませ。

さて、最近、私はコロナの関係もあり、友人と直接会って話す機会が、ぱたりと減ってしまいました。
友人を気軽にご飯にも誘うことが出来ないご時世が、早く終わってくれることを願うばかりです。

ただ、その代わりに、私は最近、休日に友人と通話を繋いで、オンラインゲームをする機会が増えました。

離れた場所でも一緒に遊ぶことが出来る、便利な世の中になったのだな…と感じる反面、顔を見られないが故の混乱もあります。

友人とゲームをする時は、無料通話アプリを使用しているのですが、アプリの不具合なのか、たまに音声が聞こえなくなってしまうことがあります。

ゲーム中は操作に集中している為、それがアプリの不具合なのか、それとも友人が黙っているだけなのかが判別出来ないのです。

もしかしたら、自分がゲームでミスをした事に対して怒っていて、それで黙っているのかも知れない…と、ゲームとはいえ、やはり相手の反応がないと少し不安になってしまいます。

区切りの良いところまで進んでから友人に確認すると、やはりアプリの不具合だったと分かり、ほっとするのですが、電話というのは顔を見られない分、相手の声での反応というのが、非常に大切だなと再認識しました。

当たり前のことではありますが、声の調子、イントネーション、相槌のタイミング、復唱確認等々。
ほんの些細な部分で、相手に不安感を与えてしまうことになりかねません。

弊社CUBE電話代行サービスは、色々な業種の方にご契約いただいていることもあり、お電話いただく方も、実に様々な業種の方がいらっしゃいます。

そのため、聞きなれない専門用語等を使用されることも少なくはありません。

存じ上げない単語ですと、先方が何と仰ったのか、すぐに判断出来ない事もあります。
もう一度、聞き返す場合にも、『専門用語を聞き取れなかった』のではなく『メモが追い付かなかったのですが…』というていでお聞きするようにするなど、臨機応変な対応が求められます。

聞き返し方一つでも、相手の方の受ける印象が、ガラリと変わってしまうためです。

私自身は、まだまだ社歴が浅く、未熟な点も多く、何かと先輩方にフォローしていただいている身ですが、先輩方のそういった細かな言い回しの気遣い等を日々感じ、早く追いつけるようにと、精進しております。

『電話代行』と聞くと、まだまだ一般的には馴染みがなく、どんなものかイメージがすぐに思い浮かばない方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、弊社CUBEのスタッフは、日々、真摯にお客様に向き合い、丁寧で気遣いの出来る電話応対をさせていただいております。

もし、何か気になる点等ございましたら、どうぞお気軽にお問合せくださいませ!
今後とも、CUBE電話代行サービスを、どうぞ宜しくお願いいたします。