「電話代行」と検索いただいた、そこのお客様!!
ぜひ、CUBE電話代行サービスをご検討くださいませんか?

「電話代行サービスって、一体どういうもの?」

電話代行サービスとは、クライアント企業の固定電話の対応をクライアント企業の社員(一員)として電話対応させて頂くサービスです。
最近はコールセンター代行業者との境界が薄くなっていますが、

電話代行業者

元々電話代行業者は、中小企業の代表電話や、部署の固定電話の対応をアウトソーシング(業務委託)で、ご提供させて頂く電話受付代行サービスです。
そこから、個人事業主、中小企業様でネットショップやセミナー等も行うので、受注等も受けるようになりました。
臨機応変さやオペレーターの対応力は、1人が担当するクライアント数は多い分高い可能性はあります。
※電話代行業者によります。弊社のオペレーターは、正社員(又は、試用期間中の契約社員)ですが、パートアルバイト中心の業者ですと、個人差が大きいと思います。

補足:コールセンター代行業者

元々は、コール数よりも人数を確保し回線(チャンネル)ごとに、人を配置し、そこに電話があれば、すべて1社のクライアントというパターンが多かったです。
テレビ通販や、銀行の電話窓口、カスタマーセンター等から、中小企業も受けるようになり、電話代行サービスのように代表電話も受けるようになっています。
受電した内容のデータ分析はコールセンター代行業者の強みですね。
※大手コールセンター(ベルシステム24さんやトランスコスモスさんは、データ分析はかなりレベル高いと思われます。ただ、その分ネットのアナリティクス等と同じでコール数が少ないとデータの信ぴょう性は薄れます。)

少し話が脱線しましたが

電話代行サービスとは?

外出や出張などで、事務所を留守にしている時や、在宅勤務などで、事務所を不在にしてしまう時などに、企業の代表電話や部署、営業所等の固定電話にかかってきたお電話を私たちCUBEのスタッフが企業様の社員(一員)として電話対応を行なうサービスです。

CUBE電話代行サービスを利用したくなる、魅力的な部分についてご紹介

まず初めに、他の電話代行会社と比較して、電話を受けるスタッフがアルバイトやパートではなく、全員が直接雇用の社員であるということです。

入社すると、先輩社員と電話応対のロープレを行ないます。ロープレに慣れたところで、やっと実践となります。
ご契約者様にもお電話をかけてこられた取引先様にも、笑声で、丁寧に、正確な対応をご提供しています。

また、CUBE電話代行サービスでは、内線感覚でお電話をかけてこられたお客様とご契約者様のお電話をお繋ぎすることの出来る【応答後転送】という応対方法があります。
応答後転送サービスは、Youtubeの動画でご確認頂けます。
応答後転送サービスの動画はこちら

営業電話や間違い電話を除いて、本当に必要なお電話のみ繋いでほしいといったお声にも、この応答後転送では応えられます。
また、この応答後転送の応対は、一番リーズナブルで簡易応対のシンプルプランから、ご対応することが可能なところも、CUBEの魅力の1つです。
最近では、電話対応は業務効率が落ちる!営業電話の排除が電話代行サービス業者の売りとしていますが、私たちは違います!
営業電話は、ニーズと合致するのでどの業者も売りにしていますが、それはどの業者でも可能です。CUBEでは、クライアント企業の担当者とそのお客様をしっかりつなぐことを売りとしています。
顧客とつながる電話代行サービスシンプルプランはこちら

 電話の取次ぎぐらいと思われる方もいらっしゃいますが、最近では各担当者が携帯電話を持っているので、顧客は担当者の携帯電話へ直接お電話します。その連絡が取れない時に固定電話へお電話します。その時の気持ちは、急ぎやクレーム、担当者から折り返しの電話を待てない時。逆の見方をすれば、その時の対応が顧客の信頼を左右します。CUBEでは、その顧客の気持ちにお応えする対応に努めています。一次応対だから、割り切って淡々と対応しても良いから、出来るだけ安くというご要望には残念ながらご対応しておりません。

この他にも、様々なプランのご用意がございます。
【受付代行サービス】や【WEB受付代行サービス】といったプランでは、ネットショップなどの注文受付にもご対応いたします。

皆様の「こうしてほしい」、「ああしてほしい」という、そのお言葉にしっかりと耳を傾けて、お応えしてまいります。

ぜひ一度、CUBE電話代行サービスにお問い合わせくださいませ。
皆様からのお問い合わせ、社員一同、心よりお待ちしております!!

前の記事:
次の記事: