CUBE電話代行サービスでは、
全国47都道府県
さまざまな地域のお客様からのお電話をお受けしております。

CUBEの拠点は、
大阪北区の梅田でございますが、
ご契約をいただいているクライアント様の事業所在地は、
全国各々にございます。

また、ECサイトを
ご利用いただいているお客様からの
お問合せのなどの場合では、
本当に様々な地域の方々から、
お電話をいただきます。

ご年齢も様々で、ご年配の方や、若年層の方、方言がきつい方、端的にキーワードのみをお話をされる方、1つの事柄に対して、個人個人の様々な言い回しでお話されます。
その中でも、地域差の方言というものは、同じような言葉でも、全く違う意味の言葉になってしまうこともあるので、よく気を付けなければなりません。

例えば、「ささって」が、いつのことを表しているのか、地域によって異なることがあります。

明日、明後日、明々後日、ささって、の地域もあれば、
明日、明後日、ささって、明々後日、の地域もあるのです。

お話しの概要を理解して、あたかも自然に何月何日でしょうか、と念の為に確認しておく場面もあります。

また、なるべく地域名などは、分かっているフリをして会話を続ける場面もあります。

私は、大阪生まれの大阪育ちなので、関西弁の言い回しをしないように、と常に心掛けています。
イントネーションも、もちろんのこと、生まれ育ってきた中で、自然と周囲が使っているから、家族が使っていた言葉だからと、実は方言だと気付かないこともあるのです。

例えば、「スコップ」と「シャベル」。

関西と関東では、名称が全く逆を差す言葉だと、以前TV番組で聞きました。

大きさが全く違う商品ですが、

皆様は「スコップ」と「シャベル」どちらが大きくてどちらが小さい

とイメージされますでしょうか。

自分では常識だと思っていても、相手の常識とは異なることは、多々あるものです。

他にも関西では、
独特の言い回しがたくさんありますが、
私は生まれも育ちも大阪なので、
何が方言なのか、
メディアなどで確認するようにして、
話す際の言い回しに気を付けています。

また、方言でお話しされた場合に、
意味を知らないこともありますが、
知っているフリをして、
前後の会話から読み取り、
創造して理解するように努力します。

その上で念の為、
お話の内容の理解が食い違っていないか、
内容を要約して、
ご確認させていただく場合もあります。

このように電話代行という仕事をするにあたり、小さな気遣いを心掛け、CUBE電話代行サービスは、ご契約いただいている法人様の「偽」の従業員となり変わり、お電話を代わりに受けております。

「偽」とは、「人」の「為」と書きます。
「嘘」は「口」から「虚」と書きます。

私たちCUBE電話代行サービスは、「人の為に」少しのお力添えが出来るよう、お電話を受電しております。

メールではのお問い合わせご相談は、こちら

お電話でもお気軽にご相談ください。
平日:9時~18時(月~金)
電話代行 セクレタリーチーム
直通ダイヤル 0120-888-108

電話代行ライトプラン
社長お一人の会社様、弁護士、税理士、司法書士、社労士、弁理士等、士業の先生お一人の事務所様に、たくさんご利用いただいています。
電話代行ライトプランの料金表はこちら
電話代行 スタンダードプラン
3~10名ぐらいの会社様、営業所、事業所等の固定電話にかかってくる電話対応を多くさせて頂いています。
テレワークでも、各社員の方の携帯電話に内線感覚でおつなぎし、その方が電話に出れない時はご用件をお伺いして、e-mailや、LINEでご報告させて頂いています。
電話代行スタンダードプランの料金はこちら

全国の営業所一括でのご利用をご検討、1事務所だけど3回線を全部受けてほしい等、お見積りは、下記からお気軽にご相談ください。
電話代行 お見積り