みなさま、こんにちは。
私は入社して、まだひと月ほどの新人スタッフでございます。

日々、先輩方に指導をしていただき、電話応対について学ぶ毎日を過ごしています。
家族や友人にも、新しい仕事を始めたと話すと「電話代行とは?」と、仕事内容について、よく質問されることがありました。

一般的に、電話代行という仕事に関して、深く認識している人はほとんどいないようで、そういった人に分かりやすく説明するためには、自分自身が電話代行業務について、しっかり理解をしていないと、やはり難しいなと思います。

ここからは、電話代行についての簡単なご説明と、合わせて、弊社CUBE電話代行サービスのプランを利用した場合のパターンも交えて、お話ししたいと思います。

まず、電話代行とは、企業などの依頼者に代わり、いただいたお電話の対応をするサービスです。

クライアント様は、一般企業の法人様だけではなく、事務所を持たずにご自宅で仕事をされているような個人事業主の方もいらっしゃいます。

最近では、一般企業でお勤めの方も、新型コロナウイルス感染予防のために、在宅でお仕事をしている方も多いかと思います。

そのようなクライアント様にも、CUBEの電話代行プランにお申し込みいただければ、ご登録いただいた連絡先(例えば、携帯電話)に、転送してお繋ぎすることも出来ますので、事務所にかかってくるお電話も、ご自宅や離れた場所で、内線感覚でお客様とお話いただくことが出来るため、安心してお受けいただけます。

この応答後転送先のご担当者様は、ライトプランでは1名まで、スタンダードプランで10名まで、基本料金内でご登録いただけます。

尚、ご担当者様がご不在の場合は、ご伝言内容をメールにて連絡いたします。
メール以外にも、直接、お電話でのご報告、その他にもオプションでのご利用ですが、LINEやchatworkといったSNS報告なども、ご利用いただけます。

このようなサービスのご利用で、リモート先でも、社内にいる時と変わらず、取引先やお客様とやり取りが可能なため、新しい働き方を求められる、これからの時代に、ますます必要とされてくるのではないかと思います。

私共CUBEスタッフ一同、今後もお客様に寄り添い、時代に合ったサービスを提供していくことが出来ればと考えています。
引き続き、CUBE電話代行サービスをよろしくお願い致します。