今年、猛威を振るっているコロナウイルスの影響で、テレワーク・在宅勤務・リモートワークといった、新たな勤務体系を取り入れた法人様は、とても多いと思います。
交代勤務や短縮出勤など、今までとは違った環境で、お仕事された方もいらっしゃるでしょう。

しかし、緊急事態宣言下では、そのような勤務体系でお仕事が出来ていたのに、解除後には、ほとんどの法人様は、元の勤務体系に戻されていらっしゃいます。

「在宅で問題なく業務遂行が出来ていたのに、なぜ出社する必要があるのだろうか」と疑問に思いながらも方針に従った方もいらっしゃいますし、「在宅では気が病んでしまったり、メリハリが無く、集中出来ないから出社したい」と感じていて、念願叶った方もいらっしゃいます。

私個人は、どちらも自由に勤務体系を選ぶことが出来れば良いのに、と勝手に思っています。

テレワークや在宅勤務をする際に、システム上、どんな法人様でも、業務に差し支えることは、連絡手段だと思います。

会社に誰も居ない場合、代表電話回線にお客様からお電話をいただいても、誰もお電話に出る事が出来ないのです。

例えば、毎日交代制で1名が会社に行って電話番をする、という方法もありますが、担当者がお客様へ折返しする方法に、また悩まされるのです。

全ての従業員に会社携帯の支給するというのは、なかなかすぐ踏み込める決断では無いと思います。
だからといって、個人所有の携帯電話を使って、お客様に掛けさせるというのも、問題が生じてきます。

また、会社携帯を所有することにより、お客様から勤務時間に関係なく、お電話をされてしまうリスクも生じます。
絶対に駄目だというものでは無いかもしれませんが、勤務時間外労働となってしまうので、個人の見解によっては、問題になってしまうケースも予測されます。

だからといって、お客様や取引先様へ非通知で発信するのは失礼な場合がありますし、非通知着信拒否をされている場合もあります。

そんな数々の問題を解決出来るのが、CUBE電話代行サービスです。
ご利用の電話会社様にもよりますが、各担当者様が携帯から掛けても、会社の代表番号が表示されるよう設定が出来る場合もあるようです。
その場合に、代表番号に折返しお電話されたら、CUBEに繋がるよう設定していただければ、その後、CUBEから各担当者様へ転送が可能な為、在宅勤務でも、内線感覚でお取次ぎが可能です。

もし、転送がお取り出来ない状況でも、離席応対や外出応対など、応対②バージョンを設定していただいて「只今、席を外していますので、こちらから再度、お電話するよう申し伝えます。」とご対応させていただきますので、ご安心くださいませ。

ご対応方法に関しまして、決まりは無く、各法人の皆様のご要望の応対方法にご相談の上、ご対応させていただき、お見積りをいたします。

想像がつかない場合もあるかと思いますので、こういった対応は可能かなど、お問合せをいただければ、実際に電話対応をしているスタッフがご対応させていただきます。
ぜひ一度、お問合せくださいませ。
CUBE電話代行サービスをよろしくお願いいたします。