最近は寒くなってきて、とても温泉に行きたくなります。
母が温泉町出身だからなのか、私は、温泉がとても好きです。

最近も、友人と近くの温泉施設に行きました。
その日は、最近の中でも、特に寒かったため、外にいる時から温泉に早く入りたい一心だったので、とても気持ち良く入ることが出来ました。

思い返してみると、最近、泊りがけで行った国内旅行の宿泊先は、全て温泉旅館でした。
温泉旅館は、畳や縁側があり、落ち着く雰囲気があります。
家の浴槽とは全く違う広いお風呂と独特な匂いに、とても癒されます。

息苦しいのでサウナは苦手なのですが、岩盤浴は、とても好きです。
身体の芯から温められて、じわじわと汗が噴き出てくるのが、健康に良さそうな気がしますし、何より気持ちよくリラックス出来ます。

CUBEのご契約者様には、温泉旅館の方もいらっしゃいます。
主に、空室確認のお電話や宿泊前のお問合せ、駐車場についてのご質問があります。

お年寄りの方などは、よく「本日は営業していますか。」とお電話をくださいます。
事前に、様々なご情報を教えていただけますと、そのままCUBEスタッフにてご案内することも出来ます。

詳細については、直接、担当者様にお電話をお繋ぎする転送対応か、折返しのご対応をさせていただきます。

急なお休みや、月毎の定休日なども、スタッフ全員で共有させていただきます。

CUBEでは、様々な業界、職種のお電話を日々お受けしています。
一般的な企業様、士業の方やネットショップのお電話も、お受けしています。

それぞれの企業様に合った対応をする必要がありますので、臨機応変な対応が求められます。
お電話をくださる方の層も、範囲がとどまることはありません。

御社の会社の者として対応させていただきますが、ご指示いただいた事以外は「分かりません」とお答えするしかないので、その際は「私、最近入った新人の者ですので、分かりかねます。」や「非常勤の受付ですので、詳しく存じておりません。」等と、出来るだけ不信感を抱かせないようにご対応します。

ネットショップの場合で、電話での対応は行なわない場合には、「メールでお問合せをお願いいたします」という折返しにしない対応も出来ます。

しかし、「何故、電話対応をしていないのか」と少々ご立腹で言われてしまうこともあります。
その際は「記録に残るようにお願いしています。」や「お間違いがあってはいけませんので」などの理由をお答えするようにしています。

可能な限り、その業種に合った応対が出来るように心掛けています。
質の高いサービスのご提供が出来るように精進してまいりますので、何卒、宜しくお願いいたします。