本日もCUBE電話代行サービスのブログをご覧いただきありがとうございます。

街中で外国人観光客を見かけることは少ないですが、一時期よりも海外からのお電話も増えてきたと感じる今日この頃です。

さて今回は、弊社CUBE電話代行サービスの英語対応プランについてご紹介させていただきます。
プランはCompact(コンパクト)、Standard(スタンダード)、Superior(スーペリア)の3種類をご用意しております。
応対時間は日本語のプランと同じく、平日月曜日から金曜日までの日本時間9:00~18:00です。

基本的なサービス内容として、貴社名での応対、お相手の会社名・お名前・ご用件・ご連絡先等のお聞き取り、クレームの一次受付等をいたします。
御社へのお取次ぎ方法は、内線感覚でお電話を転送する応答後転送、もしくは応対終了後にご指定通りの方法でお電話やメールにてご報告いたします。ご報告のメール本文は、日本語に変換してお送りしております。

また、この10月からはSNSでの報告サービスもスタートいたしました。こちらは別途オプション料金が必要となりますが、よりリアルタイムに受電・ご報告内容をご確認いただけます。
対応ツールは、LINE、Chatwork、Slack、Microsoft Teamsです。
在宅ワークが定着しつつある昨今、既にご導入・活用をされている企業様の多くあるのではないでしょうか。是非一度、弊社からのご報告用のツールとして、ご検討いただけましたら幸いです。

最後に営業時間外のお話をさせていただきます。
海外とのやり取りには、言語だけでなく、時差と言う避けがたい壁もあります。
電話をかけても一向に誰も出る気配がなく、もしかすると時間外なのかもしれないが確証がない、というご経験を皆様一度はされているのではないでしょうか。

CUBEに御社のお電話が転送されている場合、時間外にお電話がかかって来た際に共用アナウンスにて御社の営業時間外であることをお知らせすることができます。
英語プランの場合の共用アナウンスは、英語と日本語の音声案内5タイプ以上からお選びいただくことが可能です。
時間外のために電話が繋がらないということがお相手に伝われば、不安や不信感に繋がることもありません。

SNSやインターネットを通じて、時差や距離を感じさせないやり取りができる世の中ですが、電話が直接的に便利なのは今後も続いていくかと存じます。
海外とのやり取りの一環で、弊社CUBE電話代行サービスの英語プランが御社にとってお役に立てば嬉しく思います。

ご不明点等ございましたら、お電話や弊社ホームページからお気軽にお問合せください。
CUBEスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。