電話番号の取得には、電話機は必ず必要なのでしょうか。

フリーランスや個人事業主の方が増えてきた世の流れがありますが、会社の事務所の住所ですら、シェアオフィスの住所の貸し出しや、バーチャルオフィスの住所を使用出来るようになりました。

では、そのようなオフィスというものを具体的に持たない法人様の代表番号は、どちらに電話機を置いているのでしょうか。
また、シェアオフィスで固定電話を何社も置いておけるわけでは無いので、皆様は携帯の番号を会社の代表番号としているのでしょうか。

家庭でも、固定番号を持たずに、携帯電話だけしか使っていない場合が多くなってきていますが、やはり会社として固定番号を掲げていると信頼度があるように感じます。
逆に携帯番号を代表番号にしていると、少々、信頼度が低く感じてしまうことはないでしょうか。

固定電話番号は、社会的信用が向上するので、顧客や取引先にとって、安心材料を与えることが出来るのです。

また最近は、携帯電話番号でも可能になったところが多いのですが、口座の開設や書類の手続きなどで連絡先の提示を求められた場合に、一昔前は、固定電話番号である必要がありました。
それほど固定電話番号というものは、社会的信用に関わってくるものなのです。

実は、固定電話番号というものは、電話機が無くとも番号を取得することが可能です。
クラウドのような浮いた番号になるため転送先を必然的に設定する必要がありますが、実際には受けている先の自分の携帯番号や連絡先を世に出すことなく、電話を受けられるというシステムです。

また最近では、インターネット回線の光IP電話があるので、電話線が無くとも電話番号の取得が可能です。
インターネットは、どの会社や住居であっても、今は必須項目であると思いますので、兼用して契約出来るため設置費用のコストカットも見込まれます。

CUBE電話代行サービスでは、専用電話番号の貸し出しも行なっておりますので、代表番号で固定電話番号をお持ちでない場合や、新たな回線を用意して、一時的な受付などが可能です。

こちらの番号を取得するにあたり、お手続きはCUBE電話代行サービスが行ないますので、お手を煩わせることはございません。
ですが、専用電話番号は、もし、弊社サービスを解約された場合に番号の譲渡が出来かねますので、もし、どちらかに掲載されていた場合は、番号を差し替えて頂く必要がございます。

携帯一台で仕事が出来てしまう場合であっても、業績向上には、マーケットを広げる必要があると思います。
ですが、世の中に無作為に自分への直通電話番号を掲載するのはハイリスクです。

CUBE電話代行サービスは、皆様のお仕事の発展をお手伝いいたします。