みなさま、こんにちは。
今年は、在宅勤務を実施された企業様が多かったのではないでしょうか。

実際、弊社CUBE電話代行サービスをご契約中のクライアント様の中にも、リモートワークに切り替えてお仕事されていた方が多くいらっしゃいました。

すでに仕事を再開された方、様子見の方や未定の方と、業種・地域によって就業体制も異なるかと思います。
今回は、弊社でご案内している不在時の対応をご紹介させていただきます。
不在時のご案内は、クライント様によってさまざまです。

【不在時の応対】
・外出応対
・席外し(離席)応対
・不在応対
・電話対応中・他のサポート対応中など

『外出応対』は、クライアント様から一番多く選ばれている応対方法です。
クライント様が外出している旨をお電話口の方にお伝えし、折返し、又は、改めてお電話をいただくよう、ご案内をしています。

『席外し・離席応対』は、電話には出られないがクライアント様が事務所・社内にいるニュアンスを伝えることが出来ます。

この他に、外出中ではなく、不在の旨をご案内する場合や、業種によっては、他のサポート対応中とご案内させていただくケースもございます。

不在応対は会議中、業務対応中や電話中など、さまざまな状況に利用いただけます。
例えば、社内にはいるけれども、打合せや電話対応が長時間続く場合や、プライベートな理由の場合で、席を外しているとすれば、具体的な理由を述べるのは憚られますよね。

『外出ではないけれども、席にいない』ことを伝え、且つ、折返しまでにお時間を頂戴する可能性がある場合は、『不在対応』が適していると思います。

わずかなニュアンスの違いで、クライアント様とお客様との間で誤解を招かないためにも、臨機応変に対応させていただきますので、ご安心くださいませ。

そして、今回は、新型コロナウイルス感染拡大防止策として、多くの企業様がリモートワークを実施された影響で、リモートワーク中のご案内の指示を多くいただきました。
在宅で勤務をしている旨をお伝えし、クライアント様ごとに、ご指定いただいた折返し日時や次回出勤日をご案内しました。

また、その他にも、弊社では自動アナウンスによる案内も可能です。
別途オプション料金をいただいてのご対応とはなりますが、ご希望のフレーズ等を応答メッセージとして使用することも出来ますので、是非、お問合せくださいませ。

上記のように、弊社では、不在時の応対の種類がいくつかあり、クライアント様のご希望に沿った対応をしています。
これからも、その時の状況に合った対応やサービスを提供出来るよう、日々業務に励んでまいります。

今後とも、CUBE電話代行サービスをよろしくお願いいたします。