こんにちは。
私は、この春に入社して、電話代行のお仕事に携わることになりました。

最近は、多くの業界で在宅勤務が広がっていることもあり、新たに電話代行サービスの利用を検討される会社様も増えているように感じます。
そんな状況の中で、私も、早く戦力として活躍出来るようになるため、勉強の日々です。

これまでの社会人経験でも、『会社の電話に出る』ということ自体は、慣れているものの、電話代行というお仕事は初めての経験です。
『クライアント様の会社の“顔”として電話に出る』こと、且つ『正しく伝言を聞き取り、お伝えする』ということの難しさを実感する毎日です。

CUBEでの電話代行業務は、例えば、A社様宛のお電話が鳴ると同時に、A社様の詳細情報が画面に表示されます。
そこには、在籍されている方のお名前や外出予定時間、更には、折返し連絡の可能時間など、さまざまな情報があります。

これらを確認しながら、お電話に出るのですが、その情報量と注意点の多さにも関わらず、瞬時に状況を見極めて、自然な対応をしている先輩たちには圧倒されます。

現在、士業の事務所やインターネットットショップなど、さまざまな業種のクライアント様が電話代行サービスを利用してくださっているため、その分、お電話の用件も多種多様です。
ですから、完全にマニュアル通りというわけではなく、当然、臨機応変な対応が必要ですし、時には、耳慣れない専門用語なども登場します。

また、敬語や言葉のアクセントなどの言葉遣いについても、知らず知らずのうちに、自分の癖が出てしまいます。
指摘されるまでは、気付いていなかった口癖も、思った以上にありました。

ただでさえ、慣れない緊張感の中で、正しい言葉遣いで臨機応変な対応を行なうことは、とても難しいと実感しています。
例え、知識として知っていたとしても、普段使っていない言葉は、咄嗟には出てこないものです。

今のところは、常に先輩にサポートしていただき、冷や汗をかきながら対応を行なっていますが、私が新人であることは、お電話先の方には関係ありません。
CUBEとして責任を持って、お客様のお電話にしっかり対応しなければ、たくさんの方に迷惑をかけてしまいます。

裏を返せば、例え、新人であっても、間違いなく対応出来るための教育体制があるからこそ、CUBEの電話代行サービスは、多くのお客様に長年信頼していただけているのだと思います。

私は、まだまだ学ぶことばかりではありますが、安心してお電話を任せていただけるように、経験を積んでいきたいと思っています。
今後とも、CUBE電話代行サービスをどうぞよろしくお願いいたします。