今までに電話代行をご利用されたことがある方で、トラブルに遭ったことはございますか。

例えば、電話代行を利用していると知られてしまったり、報告してきた内容が、実際に話した言葉とは変わっていて内容が異なってしまっていたり、せっかく契約しているのに電話に出る人数が少なく、なかなか電話が繋がらないようになってしまっていたりと、電話代行を利用しても、必ずしもプラスに働くことばかりではない、とネットに記事が書かれています。

確かに、物事のやり取りには、間に人を介すと伝わるものが伝わらなかったり、違う意味で伝わったり、噂に尾ひれや背びれが付いてしまう…、なんてことは日常でも、よくある話だと思います。

テレビで報道されている中でも、委託業者や仲介人が入っていたことによって、管理体制に穴があり、情報漏洩や管理不足などと騒がれているのをニュースで見たことがあると思います。

お仕事の分担、分離化をすることによって、利便化を図ったはずが、後々にとんでもない損害を被る事になってしまうことは、あり得ないことでは無いのです。

しかしながら、誰しも、どうしても猫の手は借りたいもので、一人で全てが出来る千手観音のような手は無いし、聖徳太子のように10人の話を聞き分けられる能力を持っているわけではありません。

情報漏洩や信頼関係を崩さないように、しっかりと実績があり、また多くの方から評判の良い所で委託出来るところは無いかと、ネットでたくさんの口コミを基に電話代行会社を探されていませんか。

CUBE電話代行サービスが電話代行業務を始めて、はや20年程が経ちました。
まだネットで探すほど、電話代行会社が普及していない頃から、CUBE電話代行サービスはご利用者様の口コミで広まってまいりました。

今でもクライアント様からの紹介で、ご契約のお問合せが日々ありますし、中には、他社の電話代行をご利用されていた方がトラブルに遭い、CUBE電話代行サービスを乗り換えされ、ご契約いただく方もいらっしゃいます。

CUBE電話代行サービスは大阪を拠点としていますが、ご契約いただいているクライアント様は大阪だけでなく、北は北海道から、南は沖縄まで、全国各地の方にご契約をいただいております。

また、他社様の電話代行会社では、受電時の第一声の応対名が、全て統一の御社名が入っていない応対名で、もし、変更したい場合は、オプション料金が掛かったりすることもあるようですが、弊社CUBE電話代行サービスでは、オプションでは無く、初めからご指示いただいた応対名で受電させていただいております。

もし、屋号や社名が変わられて、応対名を変更する場合でも、変更料金などは、いただいておりません。
やはり、応対名で社名を名乗ることは、電話代行を利用していると知られるトラブルになるリスクが軽減出来るかと思います。
CUBE電話代行サービスならではの特典として、ぜひ選考基準にお考えくださいませ。