今回は、CUBE電話代行サービスと他社との違いについて、ご紹介させていただきます。
ぜひ、参考にしていただけると幸いです。

まず、紹介させていただきたいのが、『応答後転送』というサービスが全てのプラン内に含まれていることです。
『応答後転送』とは、お客様からかかってきたお電話を契約者様の携帯電話などに内線感覚でそのままお繋ぎすることが出来るサービスです。

まず、CUBEでお電話を取り、お名前をお伺いし、お客様に「少々、お待ちいただけますでしょうか。」とお伝えして、契約者様へコールします。
その間、お客様には保留音が流れておりますので、ご安心くださいませ。
契約者様が電話に出られたら、伺ったお名前等をお伝えし、転送して良いか確認させていただきます。
お繋ぎして良ければ、そのまま内線感覚でお電話に出ていただけます。
コールさせていただいた際にお電話に出られない場合、もしくは、対応が難しい場合は、その旨をご指示いただけましたら、保留を解除し、CUBEスタッフよりお客様に、「あいにく担当が出ておりましたので、折返しさせていただきます。」等とお伝えし、メール、もしくは、お電話でご報告させていただきます。

ご契約時に基本の応対についてご指示いただき、転送のお電話に出られなかった場合は、その指示に従って、対応いたします。

次に、『時間外アナウンス』・『スケジュール対応』が全てのプランに含まれています。

CUBEの営業は平日9時から18時までとなっており、それ以外の時間や土日祝日は「只今、営業時間外ですので、改めてお電話ください。」という内容の時間外アナウンスが流れるように設定されています。

また、スケジュールについては、メールやお電話でその日のご予定をご連絡いただければ、お客様からお電話いただいた際に、その予定をお伝えさせていただくことが可能です。

例えば、普段は、『応答後転送』でご利用いただいている契約者様でも、「本日は外出するので、9:00~12:00は外出対応で、12:00以降の折返しとお伝えください。」とご連絡いただきましたら、12:00までのお電話は、転送せず、「12:00まで外出しております。12:00以降に折返しお電話いたしましょうか。」とお伝えさせていただきます。

最後に、CUBEでは、クレームの一時対応も全てのプランでさせていただいております。
ライトプランでも、先方が仰ったことは全てお聞き取りし、ご報告いたします。

CUBEスタッフにて謝罪をし、「連絡が取れ次第、担当者より折返します。」とお伝えした上で、お名前、ご連絡先、伺った内容をご報告させていただきます。

こちらでクレームの完了までは出来ませんが、しっかり内容をお聞き取りし、謝罪させていただき、折返しのご案内をするという、一時対応をさせていただいております。

またCUBEは、受電後、都度メール連絡や電話連絡をさせていただきますが、他社様では、即時のメール連絡がオプションで、基本的には1日の受電をまとめて報告されている会社もあるようです。

以上、CUBE電話代行サービスと他社の違いについて、まとめさせていただきました。
何か気になる事がございましたら、お気軽にお問合せくださいませ。