皆様は、『電話代行』と『コールセンター』は、別物と思っていませんか。
私は、このお仕事をするまで、別物だと思っていました。

このお仕事を始めて、電話代行というものの幅の広さに驚きました。
沢山の業種の方が、様々な契約内容でご利用になられ、CUBE電話代行サービスを有効活用していただいております。

最近は、クラウド化が進み、大きな拠点や事務所等を持たずとも、ネット環境さえ整えば仕事が出来る、というクラウドオフィスで、お仕事をされていらっしゃる方が多くいらっしゃいます。

では、クラウドオフィスや、シェアオフィスをご契約してお仕事をしている方は、いざ電話でのお問合せがあった際など、電話対応の外部環境は、どのようにしていらっしゃるのでしょうか。

シェアオフィスでは、沢山の方が同じ空間で、異なる事業のお仕事をされているので、電話が鳴っても、中々すぐに出られる環境では無い時もあるかと思います。

クラウドオフィスをご利用されている場合は、街中のカフェなど、ネット環境があれば可能な為、様々な場所で仕事をする日もあるかと思います。

そのような状況で、お電話があった時に、いつでも万能な対応が出来るかどうか、確実には分かりません。
ましてや、初めてお電話された方が、会社の代表番号に掛けられた際に街中の雑踏の音がする状況というのは、少し会社に不信感を感じられてしまう可能性があるかもしれません。

クラウドオフィスやシェアオフィスをご利用し、単数でお仕事されていると「自社のコールセンターがあればいいな…」、「事務の人間がいればいいな…」と、一度は考えたことはないでしょうか。

お昼ご飯をゆっくり食べる時間や、確実に一日しっかりと休める休日が欲しいと思ったことはございませんか。

CUBE電話代行サービスは、あなたのコールセンターとして、ご利用していただけます。
ご契約内容は様々で、幾度でもご相談を受け付けておりますので、CUBE電話代行サービスでご対応可能な内容は、出来る限りご対応をさせていただきます。

内線感覚の応答後転送で、煩わしい営業のお電話を取ることなく、仕事に必要な内容の電話のみを受けていただくことが可能です。

また、各担当者様へ用件別に分けてのご報告をさせていただくことも出来ますし、簡単な内容でご指示をいただけましたら、CUBEのスタッフでお答えもさせていただくことも可能です。

自社で、コールセンターを開設すると、たくさんの経費が必要です。
また、継続的に維持費なども必要なので経営を考えると、なかなか採算が取れるものでもありません。

そこで、CUBE電話代行サービスをご利用いただければ、一番簡易的なライトプランで月額1万円台から、自社のコールセンターを持つことが出来ます。

応対内容のご要望については、ご相談を承っております。
是非、CUBE電話代行サービスを自社のコールセンターの代わりとして、ご検討くださいませ。