皆さん、こんにちは。
ようやく寒さが和らいだと思ったのもつかの間、春の陽気とは裏腹に安心して外出できない日々が続いていますね。

暗いニュースが多い昨今ですが、明るいニュースがCUBEに入ってきました。実は最近、私たちの部署に新人さんが入られました。昨年入社したスタッフも成長し、毎日積極的にお電話を受けていただいています。その分、英語の電話がまわってくる確率が減ってしまうのですが、日常生活ではほとんど英語を使う機会がないため少し寂しいような気もします。しかし、頻度は少ないとはいえ直ぐに切り替えができるよう、日ごろから英語力を鍛えておきたいと感じるこの頃です。

語学を学ぶ際「その言語で日記を書く」ことが習得に役立つ、というのはよく聞きますね。誰しも一度は実践されたことはあるのではないのでしょうか。かく言う私もその一人です。しかし日記の類は続いたためしがなく、これまで勉強してきた英語、フランス語、スペイン語のどれをとっても長続きしませんでした。

そんな私が習慣づけているのが、一日の振返りを英語で話すことです。業務中に起こった困ったこと、よかったこと、今後の改善などを具体的に振返るようにしました。文字に起こすわけではないので、日記を書くよりも比較的簡単に行えます。もちろん、英語で物事を考えるだけでも語学を忘れないために効果的ですが、声に出すことでより実践に近くなるよう練習をしています。

CUBEへ入社したての、まだ業務に四苦八苦としていた頃に始めた習慣が2年経った今でも続いています。元々は仕事に活かすために始めたはずなのに、今では趣味の一環になりつつあります。これからもこの習慣を止めることなく、日々の語学力維持に努めてまいります。

電話対応以外の仕事に集中できなくてお困りでいらっしゃる方や、英語の電話応対に不安がある方がいらっしゃれば是非一度CUBE電話代行サービスをご検討くださいませ。