私は、趣味で社会人スポーツサークルに入っているのですが、そこには様々な業種で働いている方がいらっしゃいます。
新しい方が加入されることもあるので、かなり人数が多いです。

2、3か月に一回、飲み会やバーベキューなどのイベントも開催され、社会人サークルなこともあり、『どのような仕事をしていますか。』と言った会話がよくされています。

電話代行の仕事は、初めて耳にされる方も多いようでして、『それってボイスワープのこと?ボイスワープとは、何か違いがあるの?』といった質問や『電話に出てくれるなんて、仕事がとても捗りそう。』なんてお声もいただけます。

中には、『そんなたくさんの会社の事業内容などを、暗記するなんて凄いね!』と驚かれることもございますが、実際にお電話に出ているスタッフは、会社様の情報を暗記はせず、ご契約時にご登録させていただいた情報をもとに、各クライアント様の会社の一員として電話対応をさせていただいております。

では、どのように電話対応しているか、ご紹介させていただきます。

まず、弊社で電話が鳴ると同時に、各クライアント様の会社情報が表示されます。
オペレーターは、その画面を見て、会社情報を把握し、お客様対応させていただきます。

会社情報の中には、ご契約時にご指示いただきました応対方法や、お客様よりお問合せいただく内容へのご返答・お取り扱いのある商品名などがあります。

各クライアント様によって、対応についてご指示いただく内容は異なりますが、法律事務所様でしたら、初回の相談料のご案内や、ご来所いただいてからの相談になる旨をお客様へ伝えるようにと、ご指示いただくことが多いです。

また、お客様よりお取り扱い商品へのお問合せをいただくクライアント様は、商品の特徴や注文前・注文後での対応別の聞き取り項目をご指示いただくことがございます。

このように、各クライアント様からご要望いただいている対応を、画面に登録することによって、スムーズな電話対応をさせていただいております。

またオペレーターは、様々な社内研修を受けておりますので、声の大きさ・話すスピードなどの、受電の質を大切に対応させていただいております。

弊社について、知人に紹介してみると『電話代行って凄いね。なかなか電話に出てもらえないと、こちらの仕事の段取りにも影響が出るから、電話に出てもらえるだけでも、印象が変わってくるね。』と反応が返ってくることも多いです。

お電話をかけていただくお客様にとっても、担当者と連絡が着かないことが不快感になってくるといったお客様側の声を、直に感じることができ、更に、お電話対応の重要性を感じました。

これからも、お電話をいただいたお客様とクライアント様の架け橋になれるように、日々精進してまいります。

CUBE電話代行サービスを、よろしくお願い致します。