皆様、こんにちは。
私事ですが、CUBE電話代行サービスに入社して早半年が経ちました。

この半年は、同じグループの先輩方に電話の受け方について丁寧に指導していただきながら対応してまいりました。
また教育係の先輩からは、ご契約者様宛にお送りするメールの送り方についても教えていただいたおかげで、メールの返信も入社当初に比べてずいぶん早くなったと思います。

弊社では、電話代行をご契約くださっている法人の皆様へ、お電話の内容をメールで報告しています。その際、お電話を終えてから迅速にご連絡するよう努めています。
また会話のやり取りだけではなく、お電話口の方の口調や置かれている状況などもお伝えしています。

以前、とあるクライアント様宛に、大変お困りのご様子でお電話をかけてこられた方がいらっしゃいました。
クライアント様より、外出中の旨をご案内するようご指示いただいておりましたため、その旨をお電話口の方にお伝えし、「出来るだけ早く折返しご連絡をするよう、私からも担当者に伝えます。」とご案内いたしました。
その後、メールにてお話いただいた内容と会話のやり取り、またお電話口の方の声色や大変お困りのご様子も記載しご報告いたしました。

数時間後に、同じ方から再度お電話が入りました。
弊社からのメールを確認してくださったクライアント様が素早くご対応くださったようで、二度目のお電話はとても落ち着いた声色で安心されているご様子でした。
すぐに対応してくれたことにお電話口の方も「とても助かり、今後の相談もこちらでお願いしたい」と仰いました。

私の役割は電話代行のご契約者様とそのお客様のお電話を繋ぐことで、当たり前のことをしただけなのですが、その言葉を聞いて大変嬉しくなったのを覚えています。
文章にお相手の心理状態を添えることで、報告を受け取ったクライアント様も状況の把握がしやすくなります。
ご報告のスピードだけではなく、実際に私たちがお相手の方から感じ取った雰囲気をお伝えすることも大切だと身に沁みて感じた出来事でした。

弊社CUBE電話代行サービスでは、内容やシチュエーションもさまざまなお電話を受けており、常に迅速な報告を心がけています。
迅速な対応だけでなく状況も的確に伝えられる役目を果たせるように日々努めてまいります。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。