皆様は、相手のどこを見て「この人は、こんな人なんだな」と印象を決めますか。

色んな性格の人がいますが、どこを見て優しいと思うのか、面白い、明るい、また感じが良いと思うのでしょうか。
逆に、怖い、つまらない、暗い、また感じが悪いとは、どの瞬間に感じているのでしょうか。

人の第一印象を決める3つの要素とその割合は、視覚(見た目)55%、聴覚(声)38%、言葉(話す内容)7%とされています。

これは人が、初対面の人の印象を決めているというメラビアンの法則で、多くの人が耳にしたことがあるかと思います。

3要素の中でも、相手方の印象を決める半分以上の割合を占めているのが、視覚(見た目)です。

確かに言葉を交わす前に、その方の佇まいや体格、服装、更に髪の手入れがされているかなど、見た目というものは、必ず一番に視界に入ってしまいます。

次に多く割合を占めるのは、聴覚(声)です。
相手の声のトーンや話すスピード、また語尾や一人称、更には「癖」などで、大体の相手方の性格をイメージしてしまいます。
さらに、方言などで出身地がイメージ出来てしまいます。

最後の言語(話す内容)については、初対面だとお互いに気を遣ったり、緊張したりして、ありきたりな話をして終わってしまう可能性もあり、言葉の情報量が少ないために判断基準の割合が低いのだと考えられます。

人と話す上で事前に知っておきたいことは、相手にとって心地良いトーンで、はっきり喋ることが大切だということです。
ただし、『印象の良い声』と一言にいっても、人それぞれその答えは違うはずです。

悪い印象になるのは、『暗い』『こもっっている』『何を言っているか分からない』といったもので、このような話し方はマイナスイメージになるので、普段の人間関係にも悪影響を与える可能性があります。

理想の声は例えば、よく喋る人であれば、明るい突き抜けたトーン、物静かな人であれば、ふくよかな優しいトーンなど、その性格や外見からくるイメージにマッチした声質です。

会話や身ぶり手ぶりのリズムは、呼吸と連動しています。
緊張して早口になったり、手を動かし過ぎたりしてしまう時は、会話の前に深呼吸をすると、ゆったりとした落ち着いた会話が出来ます。

TPOに合わせた笑顔、アイコンタクト(効果:信頼感を与える)、心地いいトーンの話し方と相槌、相手を嬉しくさせる言葉をかける、以上のことが、会話中の好印象となるポイントのまとめとして挙げられます。

私も、このようなことを意識して弊社CUBE電話代行サービスで、皆様のお電話に対応してまいりたいと思います。

電話代行は、なかなか無い貴重なお仕事であるため、まだまだ応対の正解というのが、一般的な資料や情報として、あまりありません。
ですが、自分の頭の中で相手の姿を想像し、実際お会いして話しているような気持ちで、お電話をすると、印象は良くなるのではないかと思います。

印象の違いでトラブルになってしまうこともある為、声の印象の大切さを重々考え、お電話を受けていきたいと思います。