いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
CUBE電話代行サービスでは、多岐にわたる業種の方がご利用くださっており、法律事務所様にも多くご利用いただいております。
今回は、法律事務所様がどのようにCUBEをご利用いただいているか、ご紹介させていただきたいと思います。

まず、多いのはお客様からの法律相談についてのお問合せです。
その中でも、簡単なご質問でしたら、CUBEのスタッフがお答えさせていただくことが出来ます。

「相談にお伺いしたいです。事務所はどちらにあるのでしょうか。」
⇒事前に道案内のご指示をいただければ、そちらを参考にご案内させていただくことが可能です。

「初回の相談の料金は、いくら位かかりますか。」
 ⇒基本的な料金等ございましたら、そちらをお伝えさせていただきます。
  例:初回60分無料 その後30分毎に5,000円(税別)等々…

「お電話での相談は可能でしょうか。」
 ⇒事務所様によっても異なるかと思いますが、不可の場合はその旨を事前にご指示いただいていましたら、その旨をお伝えさせていただきます。

また、お客様からのみではなく、裁判所からのお電話が入ることもあります。
事件番号や、期日の日程調整といった内容のご伝言も、承ることが可能です。

ご報告の方法は、『メール』又は『電話』をお選びいただけますが、お客様からのお電話を、そのまま内線感覚で事務所のお電話や携帯電話等に転送し、お繋ぎすることも可能です。
このシステムをCUBEでは『応答後転送』と呼んでいます。

便利な『応答後転送』ですが、すべてのお電話に対して応答後転送でなくてもいい、という方もいらっしゃるかと存じます。
そんな時には、ご指示をいただければCUBEでの対応を変更することも出来ます。
例えば、ご新規の方のみ『応答後転送』、その他の方は『メール連絡』で折返し対応、とすることも可能です。
また、○時~○時までは外出の為、この間は応答後転送せずに折返し対応をして、メールでご報告、とすることも出来ます。

実際にCUBEをご利用いただく中で、こうすればもっと便利なのに…等と感じられることもあるかもしれません。
全てのご要望にお応えすることは難しいかもしれませんが、可能な範囲でご指示があれば臨機応変に対応させていただきます。
少しでもお力になれるよう努めてまいりますので、気軽にお問合せいただければと思います。

今回は法律事務所様を例に、CUBEのサービスについてご説明させていただきました。
他にも様々な業種の方がご利用いただいております。
他業種の方がどのようにCUBEを利用されているかも、またご紹介させていただければと思っております。
今後とも、CUBE電話代行サービスをよろしくお願いいたします。