私事ですが、昨年12月で結婚して2年が経ちました。
料理や掃除などもそれなりに楽しんでいますが、結婚してから自分の時間がかなり減ってしまい、独身時代の時間は貴重だったんだと、しみじみと感じております。

我が家は共働きなので、時間を有効活用する為にアプリを使って工夫をしています。
主人の仕事の予定がよく変わる為、スケジュールは2人でアプリを共有して把握しています。
どちらかがスケジュールを入れると、携帯に通知が届くのでとても便利です。
数週間後の飲み会の予定も把握出来るので、主人の予定に応じて私も友人との予定を入れたり、溜まっていた家事をまとめて済ませたりしています。
このように予定がすぐに分かると、時間を有効活用出来て便利ですよね。

弊社CUBE電話代行サービスでも、迅速な対応を心がけております。
クライアント様のご要望に応じた対応をさせていただいておりますが、必要なお電話のみ内線感覚で転送させていただくことも可能です。
これは『応答後転送』と呼び、そのままお客様とお話いただくことの出来る、弊社の転送サービスでございます。
お約束をされていて急用が入った方、道に迷われている方などの至急案件のお電話をすぐにクライアント様にお繋ぎ出来る為、「助かった!」とお声をいただくこともございます。

電話代行としてお電話を受けている為、ご用件の専門的な内容が分かりかねる場合もありますが、お急ぎのご様子の方には簡単に「○○の件」と仰っていただき、クライアント様にすぐ転送が出来るようにしております。

もし、営業電話であった場合は、転送するようご指示をいただいていない限りは、お電話を転送しておりません。
「今、直接やり取りしていただいている件ですか?」「(お手紙を送ったと仰る方に対して)こちらからご依頼させていただいた件でしょうか?」とお尋ねをすると、「ご提案をしたく、初めてのお電話です。」「ご依頼は頂いておらず、こちらからのご案内のお手紙です。」と仰っていただけることも多く、このような場合は営業電話として判断し、転送はいたしません。

また、「代わってもらわなくていいので、伝言をお願いします」と仰り、一言二言のご伝言のみの場合は、そのままご伝言として承り、転送をしない場合もございます。

このように、必要なお電話のみ即座に転送させていただいております為、電話対応の時間を大幅に減らすことが可能です。
時間を有効活用して業務の効率化を図りたい方は是非、弊社CUBE電話代行サービスをご活用くださいませ。