弊社の電話代行サービスをご利用いただいている法人様には、様々な業種の方がいらっしゃいます。
クライアント様宛にお電話があった際の対応と致しましては、概ね2種類からお選びいただけます。

① 外出対応で折り返しご案内をし、メール連絡で入電内容のご報告をお送りする。
② 応答後転送は、内線感覚でクライアント様とお客様をお繋ぎさせていただくサービス。

上記の2パターンがございますが、今回は応答後転送についてご紹介したいと思います。

応答後転送は、『事務所を不在にする場合でも、出先で電話に出られる場合は取りたい。』という方や、『普段は折返し対応をお願いしているが、緊急時はすぐに対応したいから繋いでほしい。』といったような、クライアント様のご要望を叶えられる機能になっています。
内線感覚でお繋ぎさせていただくとても便利な機能のため、業種を問わず多くの方にご利用いただいております。

ここでクライアント様とお客様をお繋ぎ出来れば一番良いのですが、クライアント様がご対応出来かねるタイミングの場合もございます。
その際は、オペレーターに折返しなどのご指示をいただきましたら、お客様へ折返しのご案内をし、メールにてご報告させていただくことが可能です。

弊社からクライアント様へコールし、ご指示をいただく間は保留音が流れており、お客様にはお待ちいただいている状態でございます。
そのため、長くお待たせするのは、あまり良い印象を持たれません。
このような場合、『大変お待たせいたしまして、申し訳ございません。』と、一言添えてから外出応対をしております。

終話後は、メールにてご報告をさせて頂きますので、内容をご確認いただき、クライアント様の折返しご対応可能なタイミングで、お客様にご連絡をしていただいております。

実際に、弊社の応答後転送をご利用いただいている法人様を例に挙げてみます。

法律事務所で不在にされていることが多いため、予め転送が可能な時間と外出応対の時間の指定をご連絡いただきます。
転送しても良い時間帯に入電がございましたら、コールさせていただき、クライアント様とお客様をお繋ぎさせていただきます。
ご都合の悪い時間帯に関しては、転送せず、外出応対の上、折返しのご案内をさせていただくことが多いです。

また、出張で移動が多く、丸一日、応答後転送のコールに対応出来ない日などは、基本的に全て外出応対し、コールは行なわず、緊急の場合のみ応答後転送をご希望されることもございます。
このように、その日の予定に合わせてCUBEのサービスをご活用いただいております。

メールやSNSがいつでも気軽に使えるようになっても、電話応対の需要はまだまだ必須かと思います。
『初めて電話代行を使ってみよう』と検討していただいている方、『とりあえず資料だけでも欲しいな』といった方へもご対応させていただきます。
お気軽にお問合せ下さいませ。