皆様は、電車内で携帯電話が鳴った時どうされますか。
朝の通勤ラッシュで身動きが取れない中でしたら、もし着信音が鳴り響いてもどうしようもなく、ただ静かに鳴り止むのを待つしかないかもしれません。
では、お昼時の比較的、静かな車内で携帯電話が鳴ったらどうしますか。一度電話に出て「電車に乗っているので、降りたら掛け直します」と一言伝え、電話を切りますか。それとも周りの状況など何も気にせず電話に出て会話を続けますか。
日本では携帯電話の普及と共に、車内アナウンスで『携帯電話での車内通話は、ご遠慮頂き、優先座席では電源をお切りくださいますよう、ご協力お願い致します』と車掌さんが言っているのを、よく耳にしてきました。
昔はペースメーカーを着けていらっしゃる方が、携帯電話の電波が障害になることがあり、そのようにアナウンスされていましたが、現在ではもうペースメーカーが良品質になったので携帯電話の電波で誤作動を起こすことは、ほぼ無いそうです。
では車内通話は、いかがでしょうか。
前にテレビ番組で【車内通話は控えるべきか】というアンケートをやっているのを見ました。そこでは【控えるべき】という回答結果が日本人の大多数の意見でした。
その時に外国人の方々からもアンケートを取っていましたが、国ごとで意見が分かれていました。ですが、車内通話反対の声は日本の回答結果の割合より比較的、少なかったのです。
海外では電車の車両ごとで、皆お喋りが自由な車両と、静かに皆が仕事をしたりする車両に分かれていたり、「同乗した友人と車内で話すことは自由なのに、なぜ携帯電話を通したら友人と話すのが駄目になるんだ。その違いと理由が理解出来ない」といった解釈だそうです。
海外では日本と違い、ひとつひとつの国土が広いので電車に乗っている時間が長いことが多いですし、日本のような通勤ラッシュもあまり見かけない印象があります。
その為海外では、電車に乗っている時間も有意義に過ごせるように個々の時間を尊重しようという意向が見受けられます。
日本人が車内通話を怪訝するのは、「お電話口の相手が目の前におらず、どのような会話をしているのか全体的に掴めないことが理由として考えられる」という意見が出ていましたが、外国人の方は、そこをあまり気にされないらしく、お国柄の違いなのだなと思いました。
日本では車内通話のマナーというものがあり、なかなか理解が変わるには難しく、まだまだ時間がかかりそうです。
電車やバスでの移動中のお電話に苦慮されている方に、CUBE電話代行サービスは、とても便利で使いやすく、また快適な移動空間の維持に役立てるのではないでしょうか。
どうぞ宜しくお願い致します。